スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序盤戦術のまとめ4

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はどちらかでもバナーを押して下さい^^

パスで考える 2

次に矢倉の序盤をみていきます。
今回は先ず矢倉の主な攻撃形を紹介致しましょう。
(1)1筋を攻める形(雀刺し)
雀刺しの図

この連載で取り上げた形です。
「桂は2五に跳ねなければならない」というものでした。

(2)2筋を攻める形(棒銀)
棒銀の図

後手の対応によっては端を攻めたりもしますね。

(3)3筋から仕掛ける形(4六銀・3七桂型)
4六銀の図

この形は特に愛称はありませんが、現代矢倉の花形です。
仕掛けは▲3五歩▽同歩▲2五桂▽2四銀▲3五銀
といった感じで3筋で銀をぶつけるのが狙いとなります。
この戦型にはいずれまた登場してもらいます。

(4)4筋から仕掛ける形(4七銀・3七桂型)
4七銀の図

3番目の形は銀が歩の上に出る「歩越し銀」なのに対し、
こちらは銀が歩の下にいる「歩内銀」です。
この形は飛が3筋にいるようなバリエーションもあり、
1番目の雀刺しから組み替えるような場合もあります。
私はこの形が一番好きです。
仕掛けは何種類かあります。
①▲4五歩▽同歩▲同桂▽4四銀▲4六銀▽◯◯◯
 ▲3五歩▽同歩▲3三歩▽同桂▲同桂成▽同銀
 ▲2四歩(図1)
図1

 最後の▲2四歩が好手。
 ▽同歩なら▲3五銀▽3四歩▲2四銀ですし
 (4二に相手の角が居るなら更に▽同銀▲同角)、
 ▽同銀なら▲3五銀▽同銀▲同角として
 銀桂(場合によっては角も)を交換でき
 2~4筋の歩も綺麗に切った先手が充分です。
②▲4五歩▽同歩▲3五歩▽同歩▲4五桂▽3四銀
 ▲4六銀▽4四歩▲3三歩(図2)▽同桂▲同桂成
 ▽同金寄▲3五銀▽同銀▲同角(図3)
図2図3

 途中▲3三歩に対し▽3一金と引いて
 桂馬を取り切ろうとする人が時々いますが、
 グイっと▲3五銀と出れば後手は玉頭が受かりません。
 以下の手順については補足編で検討します。
 図3となってやはり先手は銀桂を捌きました。
③▲4五歩▽同歩▲3五歩▽同歩▲同角▽4四銀▲2六角
 ▽3五歩▲4六歩(図4)
図4

 ▲4六歩の合わせで銀の進出が狙い。
 角を▲6八に引く手もあり、
 この場合は▲3六歩と合わせることになるでしょう。

この4七銀・3七桂型は歩が沢山ぶつかり、
非常に重量感のある攻めを繰り出せます。
現代では4六銀・3七桂型が人気ですが、
4七銀・3七桂型を指しこなせる人は
相当な実力の持ち主だと思います。
お互いこの形に構える「同型矢倉」という戦型もあり、
とても面白い領域です。






R1700次の一手解答

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はどちらかでもバナーを押して下さい^^

(1)
図

▲4三馬
▽同金なら▲5一竜▽同玉▲5二歩成までの詰み。
▽6二玉と逃げる手にも▲5一竜と迫り、
▽同金ならやはり▲5二歩成で詰みとなります。

(2)
図

▲1二歩
▽同飛は▲2四歩、▽同香は▲1一角です。

(3)
図

▲7一角
これで後手玉は詰んでいます。
▽5三合は▲4六香までですし、
▽4三玉は▲4六香▽5二玉▲4一竜▽同銀▲5三銀以下です。
問題図は▲2五金の王手に対し
3五の玉を4四に引いた局面でしたが、
これが痛恨の一手ばったりでした。

(4)
図

▲8六角
これでハタと困りました。
7七の桂にヒモを付けながら5三の地点を睨んでいます。
実戦は以下▽7五歩と突いて誤摩化しにいき
後手が勝っています。

(5)
図

▲7一角成
行き成り叩き切って後手玉は(多分)寄りです。
▽同金に▲6一馬で。
あら、だんだん自信が無くなってきた(笑)

R1700次の一手

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はどちらかでもバナーを押して下さい^^

この前別IDが1600を超えましたが、
更に1700も超えてしまいました(笑)
R対局直近40局の戦績は28勝12敗(0.700)と
かなり好調だと思われます。
流石にレベルも高くなってきて
二段と初段の間(1700)を何往復かしましたが、
本日1743に上がりまして、
このまま二段定着を願っています。
今回はその何局もある二段昇段局から
次の一手問題を作ってみました。

(1)私の先手早石田からお互い馬を作り合い飛車を振り回す乱戦に。図は▲5三歩と金頭を叩いたのに対し▽4二金と躱した局面。
図

(2)〔便宜上先後逆〕角換りになり後手は腰掛け銀に構えましたが、私の棒銀を見ると飛車を振ってきました。図は▲1五歩▽同歩▲同銀の端攻めに▽1三歩と謝った局面です。
図

(3)〔便宜上先後逆〕袖飛車を採用。しかし中盤早々に飛車を殺されて敗勢に陥りました。が、相手のポカで追い上げて図の局面。果たして逆転しているのでしょうか?
図

(4)本問は私が後手です。今▽3三角と桂取りに打ったところですが、当然の好手を見落としていました。
図

(5)後手の四間飛車穴熊に対し銀冠で対抗。手厚く自陣に金銀を投入し、図の局面では鉄壁になっています。7五の歩が少し気になりますが、一気にカタをつければ問題ありません。
図

解答は1週間後に掲載致します。

5位に迫る

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はどちらかでもバナーを押して下さい^^

3/25(金)、3/26(土)の24名人戦について。
金曜日の対局は私の先手で、
嘘矢倉に組もうとしたところ、
後手に右四間飛車で戦われ、角交換になりました。
A図は34手目▽1四歩と端歩を受けたところです。
A図

ここで▲5八玉と上がったのが趣向の一手でした。
平凡に左側に囲うのも勿論一局ですが、
バランスの良い右玉が気分的に楽と判断しました。
この後後手は9筋を攻めてきましたが、
先手玉から遠い攻めで大したことがなく、
後手玉頭に手を付けた私が指しやすくなりました。
最終盤113手目▲3一角に、
9七の竜を114手目▽9二飛と引いて
受けに利かそうとしたのがB図。
B図

B図以下▲1二銀▽2四玉▲1三銀不成まで先手勝ち。
▲1二銀が好手で、▽同香なら▲同馬▽同玉▲1三銀成以下、
本譜の▽2四玉も▲1三銀不成の1手詰みです。
投了図は掲載しませんでしたが、
盤面右上隅に?盞燭剖陲?造崢膳舛任后?

続いて土曜日の対局も私の先手で、
初手から▲7六歩▽3四歩▲6六歩▽3三角▲4八銀▽2二飛
▲5六歩▽4二銀▲3六歩▽6二玉▲6八玉・・・と
俗にいう「なんちゃって相振り」を採用しました。
ただこの作戦は角道を止めてしまうので得意の急戦はできず、
苦手な居飛穴を採用することになりました。
C図は58手目▽7四歩と傷を消した局面。
C図

C図以下私は▲6五歩▽同歩▲5四歩▽同歩▲6六歩▽同歩
▲同金と開戦しましたが、
穴熊とはいえメチャクチャに乱暴な攻めでした。
特に金銀2枚の穴熊は堅くなく、▽8六歩の筋が強烈だったのです。
進んでD図は124手目▽7九竜と金を取った局面。
D図

先手玉は次に▽6三金又は▽5四金の1手詰みですね。
▽7九竜は実に鮮やかな決め手でした。
しかしまだ投了するには惜しいと思い、
「最後のお願い」を繰り出すことにしました。
D図以下
▲8二金▽8四玉▲8五歩▽同桂▲8三金打▽同銀▲同金▽同玉
▲8四歩▽同玉▲9六桂▽9三玉▲8四銀▽9二玉▲8二金(E図)
▽同玉▲6五玉(F図)
E図F図

▽8四玉では▽8二同玉でも後手勝ちかと思います。
▲8五歩の叩きに▽同桂が事件の発端。
無理遣りバラバラにして▲8二金(E図)の捨て駒から
▲6五玉(F図)と玉で銀を取った手が開き王手!
更に▽7二玉▲7三角成▽6一玉▲7九飛と
後手が決め手で切った筈の飛車を詰めろで取れて
大逆転勝ちとなりました。

序盤戦術のまとめ3

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はどちらかでもバナーを押して下さい^^

できれば練習問題を、と書きましたが、
できなかったのでなしと致します(笑)
良いのが見つかったらその時に掲載します。

パスで考える 1

方向性はあれでひとまず置いておくとして、
今回からのテーマでは
角交換振り飛車、相矢倉などの定跡の手の意味を
少々回りくどい方法で考えます。

トップバッターはこれ(便宜上先後逆で解説)。
初手から
▽3四歩 ▲7六歩 ▽3五歩 (図1)
図1

そう、早石田ですね。
イシをイネに変えると、
多くのプロ棋士が卒業した大学です。
それはともかく、後手は次に
▽3二飛と回ってくる狙いがあります。
「角道を開けられたまま飛車を回られると
 色々変な急戦を食らっていやだ」
という先手の人は、どう指せば良いのでしょうか。
考えてもよくわからない場合、
「取り敢えずパスをして▽3二飛と回らせ、
 後で2手指しをしよう」
と考えてみましょう。
つまり初手から
▽3四歩 ▲7六歩 ▽3五歩 (▲パス) ▽3二飛 (図2)
となります。
図2

この局面をよく見ると、次のような手順があります。
図2から、
▲2二角成 ▽同銀 ▲6五角 (図3)
図3

歩の両取りで、どちらを取っても角が馬に昇格します。
うまいようですが、返し技もあります。
図3から、
▽3四角 (図4)
図4

この角が4三の地点を守りつつ6七への成りを見せています。
図4以下▲8三角成▽6七角成と角を成り合うと、
先手の8三の馬は次に何も取れないのに対し、
後手の6七の馬は桂と歩の両取りです。
こうなっては先手が損をします。
ということで、図4の局面こそが
先ほどパスをした分の2手指しの使いどころです。
図4から
▲6八玉 ▲8三角成 (図5)
図5

一旦▲6八玉で6七の地点を守り、
それから▲8三角成と
自分だけ歩を取り、馬を作ります。
これにて先手良しといえます。
初手から続けて手順を見てみましょう。
▽3四歩 ▲7六歩 ▽3五歩 ▽3二飛 ▲2二角成 ▽同銀
▲6五角 ▽3四角 ▲6八玉 ▲8三角成 (図5)
しかし実際はパスも2手指しもできません。
そこでパスをしたところで▲6八玉と指しておけば
良いということになります。
すなわち初手から、
▽3四歩 ▲7六歩 ▽3五歩 ▲6八玉(図6)▽3二飛 ▲2二角成
▽同銀 ▲6五角 ▽3四角 ▲8三角成 (図5)
図6

まとめれば、
早石田に対しては4手目に▲6八玉(実際は▽4二玉)と上がれば
相手の角道を開けたまま飛車回りを不成立にできます。

次回も同様にして序盤定跡を考える予定です。






アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。