スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム~居飛車急戦のススメ15~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

最近ブログランキングの順位が
相当悪くなってるようです。
模様替えが逆効果だったのか・・・
それでもいつかきっと
復活を遂げると信じて
健気に頑張ります(笑)

▲6九金型斜め棒銀編 8

前回の最終局面を再掲します。
第30図

決戦で飛角銀が総交換になった局面でした。
いよいよ終盤戦の始まりですが、
時代とともに定跡が変わってきているので、
古いものから順に見ていきましょう。

第30図から、指し手a
▽4七歩成 ▲同銀 ▽4六歩 ▲同銀 ▽4九飛 ▲4一飛 (第31図)
第31図

最初の▽4七歩成は
歩切れを解消しつつ先手陣を乱し、
必然です。
この先定跡が変わっていっても
おそらく残り続ける手でしょう。
そうしてから後手は、
手にした歩を▽4六歩と銀頭に叩きます。
先手は▲3六銀とも躱せそうですが、
取って何もなければ取るのが良いのです。
ということで▲4六同銀と取ってみます。
4筋に飛車を打ち合い、さあ果たして。

第31図から、
▽1四角 ▲2一飛成 ▽5八角成 ▲同金 ▽6九銀 (第32図)
第32図

▽1四角は良さそうに見える角打です。
本譜のように、
角切り~王手金取りの割り打ちが狙いで、
且つ飛車取りですから、
先手痺れたようにも思えます。
しかし、よく読んでみると
これがなかなか難しく、
第32図以下は詰むや詰まざるやの
攻防になります。

第32図から、
▲8八玉 ▽7八金 ▲9七玉 ▽5八銀成 ▲5二馬 ▽8九竜 (第33図)
第33図

王手金取りに対しては▲8八玉が定跡。
▲7七玉との比較は次回やってみます。
対して▽7八金と一回打ちます。
単に▽5八銀成と取ると、
後手の攻め駒が先手玉から離れるので、
先手玉に容易に詰めろがかからなくなり、
後手簡単に負けとなります。
先手からは▲5二馬が、
取れば▲7一角からの即詰みを見た
必殺手となるため、
後手も急がなければなりません。
どちらの方に早く詰めろがかかるか、
それが終盤のポイントで、
勝負を左右します。
▽7八金に対して▲9八玉だと、
▽5八銀成が▽8九竜以下の詰めろで、
後手わかりやすく勝ちです。
▽9七玉と逃げることで、
詰めろがかかるのを一手遅らせます。
こうして進んだ第33図は、
先手玉はもちろん詰めろでので、
後手玉が詰めば先手勝ち、
詰まなければ後手勝ちです。
昔は後手勝ちと言われていたのですが、
今では第33図から
後手玉が詰むことが発見されています。
長くなってきたので、
その詰みは次回。

コラム~居飛車急戦のススメ15~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

最近ブログランキングの順位が
相当悪くなってるようです。
模様替えが逆効果だったのか・・・
それでもいつかきっと
復活を遂げると信じて
健気に頑張ります(笑)

▲6九金型斜め棒銀編 8

前回の最終局面を再掲します。
第30図

決戦で飛角銀が総交換になった局面でした。
いよいよ終盤戦の始まりですが、
時代とともに定跡が変わってきているので、
古いものから順に見ていきましょう。

第30図から、指し手a
▽4七歩成 ▲同銀 ▽4六歩 ▲同歩 ▽4九飛 ▲4一飛 (第31図)
第31図

最初の▽4七歩成は
歩切れを解消しつつ先手陣を乱し、
必然です。
この先定跡が変わっていっても
おそらく残り続ける手でしょう。
そうしてから後手は、
手にした歩を▽4六歩と銀頭に叩きます。
先手は▲3六銀とも躱せそうですが、
取って何もなければ取るのが良いのです。
ということで▲4六同銀と取ってみます。
4筋に飛車を打ち合い、さあ果たして。

第31図から、
▽1四角 ▲2一飛成 ▽5八角成 ▲同金 ▽6九銀 (第32図)
第32図

▽1四角は良さそうに見える角打です。
本譜のように、
角切り~王手金取りの割り打ちが狙いで、
且つ飛車取りですから、
先手痺れたようにも思えます。
しかし、よく読んでみると
これがなかなか難しく、
第32図以下は詰むや詰まざるやの
攻防になります。

第32図から、
▲8八玉 ▽7八金 ▲9七玉 ▽5八銀成 ▲5二馬 ▽8九竜 (第33図)
第33図

王手金取りに対しては▲8八玉が定跡。
▲7七玉との比較は次回やってみます。
対して▽7八金と一回打ちます。
単に▽5八銀成と取ると、
後手の攻め駒が先手玉から離れるので、
先手玉に容易に詰めろがかからなくなり、
後手簡単に負けとなります。
先手からは▲5二馬が、
取れば▲7一角からの即詰みを見た
必殺手となるため、
後手も急がなければなりません。
どちらの方に早く詰めろがかかるか、
それが終盤のポイントで、
勝負を左右します。
▽7八金に対して▲9八玉だと、
▽5八銀成が▽8九竜以下の詰めろで、
後手わかりやすく勝ちです。
▽9七玉と逃げることで、
詰めろがかかるのを一手遅らせます。
こうして進んだ第33図は、
先手玉はもちろん詰めろでので、
後手玉が詰めば先手勝ち、
詰まなければ後手勝ちです。
昔は後手勝ちと言われていたのですが、
今では第33図から
後手玉が詰むことが発見されています。
長くなってきたので、
その詰みは次回。

コラム~居飛車急戦のススメ14~


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

▲6九金型斜め棒銀編 7

前回の最終局面を再掲します。
第29図

この局面から▽3三同桂と取るのは、
2筋の突き捨てが活きて
先手優勢になりました。
かといって後手は銀を逃げていると、
先手に桂香をボロボロ取られ、
飛車まで成られてしまいそうです。
では後手はどうするべきでしょうか。
まずは駒の損得を見てみます。
駒台だけ見ると一瞬後手の銀得と
思ってしまいますが(笑)、
実際は、後手の飛と、先手の銀が
交換になっており、後手駒損です。
しかし、こんな風に考えていても
普通は思いつかないので、
正解を発表します。

第29図から、
▽3七歩 ▲同飛 ▽3六歩(途中図)▲3四馬 ▽3七歩成 ▲同桂 (第30図)
途中図
第30図

▽3七歩が飛角両取りの手です。
▲同飛と取らせてもう一発▽3六歩(途中図)。
これに対して▲同飛ですと、
▽4五銀が銀を逃げながらの飛角両取りです。
以下、▲3五飛(銀に当て返す)▽3三桂(角を取り返しながら4五の銀を守る)
▲同飛成▽5六銀(参考図)
と進みます。
参考図

参考図の局面は、
後手に▽4七歩成と先手陣を薄くする手と
▽5五角の竜香両取りの両狙いがあり、
後手が優勢と結論づけられています。
駒割りも、
後手の飛桂と、先手の角銀の交換で、
互角になっています。
先手は竜が中途半端な位置で、
1、2段目にいればまだ
金銀に狙いを付けられるのですが、
3段目ですので後手陣への響きが薄く、
その上両取りラインにあるのですから、
踏んだり蹴ったりです。
このような変化がありますので、
途中図で先手は
飛を見捨てて銀を取ります。
そうして迎えた第30図は、
飛角銀が綺麗に交換になっており、
まったくの互角の駒割りです
(厳密には先手一歩得ですが)。
ここから終盤戦となってくるわけですが、
いくつかの変化がありますので、
やはり次回から一つずつ見ていきましょう。

コラム~居飛車急戦のススメ13~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

▲6九金型斜め棒銀編 6

更新が遅れたことお詫び申し上げます。
さて、前回は第27図から
▽2二角と引く手をみてみましたが、
先手よしが結論でした。
第27図

かといって、第27図から
平凡に▽4三銀と逃げたりすると、
ジワっと▲3五銀と出るのが好手です。
この手は、次に▲3四歩と打って
後手の角を追ってから攻めたりする狙いがあります。
▲3五銀の形は、
先手が上段に構えたようなもので、
この上段から打ちかかりを
後手はどうにも防ぎにくいのです。
これはいろいろな戦型に共通で、
「銀が五段目に出られれば攻めは成功」
という有名な格言もありますね。
第27図で後手は銀を逃げるのはダメだったので、
▽4三金と物理的に受ける手はあります。
これはこれで面白い変化になりますが、
▽4三金という手は金が玉から離れ、
右辺に飛角金銀の
見るからに重そうな塊ができてしまい、
軽く駒を躍動させる(捌く)という
振り飛車の基本理念からは
少し異なります。
なのでプロでもごくまれにしか指されません。
第27図から本手は、▽4五歩(第28図)です。
第28図

どこかで見たことのある手ですね。
そう、以前解説した
2筋不突き捨て型でも出た手です。
そのときは細かい理論は省いたのですが、
それは今さっき、述べたものです。
以下数手は、
2筋不突き捨て型でお馴染みの手順です。

第28図以下、
▲3三角成 ▽同飛 ▲2二角 ▽4六歩 ▲3三角成 (第29図)
第29図

そして、この局面が問題です。
2筋不突き捨て型では、ここから
▽3三同桂▲3四飛▽4三金と
力強く指して後手優勢でしたが、
2筋突き捨て型ではそうはいきません。
上の手順の最終手▽4三金の瞬間に
▲2四飛(参考図)があるのです。
参考図

これは先手が次に飛車成りを約束されていて
先手優勢です。
ということで、第29図で後手は
取れる馬を取らずに別な手を
指すことになります。

コラム~居飛車急戦のススメ12~の補足

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

▲6九金型斜め棒銀編 5

もう秋だということで、模様替えをしました。
今、ブログランキングの順位が
日に日に落ちてきていますので、
これを機に上位に返り咲ければとも
密かに思ってたりします。
閲覧された折にはどうか必ず、
バナーを押して頂きたいものです。
また、最近SwallowDragonさんが
よくコメントを下さいますが、
やはり多くの方に
コメントを頂きたいものでして。
贅沢なんですけどね(笑)
もともと交流を広げる目的もあって
設立したブログなので、
どんどんコメントを頂けると幸いです。

さて、将棋の内容に移りましょう。
前回(居飛車急戦のススメ12)では、
27図から後手が▽2二角と引く変化を
みました。
第27図

▽2二角以下は、▲4五銀!▽4三銀▲3二飛成以下が
定跡手順となっていますが、
▽2二角に対して▲3三歩(参考1図)と叩く手も
見えるところです。
これは後手良しと結論が出ているのですが、
解説を忘れていたので補足します。
参考1図

参考1図から、
▽3三同飛 ▲4四角 ▽4三銀(途中図)▲3三角成 ▽同角 ▲同飛成 ▽同桂(参考2図)
途中図
参考2図

▲3三歩に対しては、
▽同飛と取るよりありません。
他の手では3四の銀がタダですね。
▲4四角と飛び出して
先手好調かと一瞬思えるのですが、
▽4三銀が好手です。
銀で角取りですし、
両者の飛車もぶつかります。
となると、先手は▲3三角成と
飛車を取るしかないですが、
▽3三同角が、
先手の9九の香に当たってます。
先手は銀や角があれば
7七に打って受けられるのですが、
先手は飛車しか持ってません。
まさか飛車を打って受けるわけにも
いかないので、
エイヤとばかりに▲3三同飛成と
切ってしまいますが、
こうして進んだ参考2図は、
飛角総交換となっています。
大駒交換が、
玉の頑丈な振り飛車に
有利に働きやすいことは、
常識であり、このコラムでも以前
書いたことがあります。
総交換ともなれば後手大満足です。
ちなみに、途中図から▲3三飛成と
飛車から行っても、
▽同角▲同角成▽同桂で
参考2図と同じ局面になります。

参考2図から、
▲3四歩 ▽同銀 ▲3一飛 ▽4三銀! ▲3三飛成 ▽4四角 (参考3図)
参考3図

参考2図から先手が攻めるなら
これしかないといわれる手順ですが、
桂馬を敢えて取らせてしまい、
▽4四角の両取りを掛けるのが
後手の好手順です。
第3図以下▲4四同竜と切れば
一応先手の飛と後手の角桂の交換で
先手駒得となるのですが、
先手は歩切れなので
端攻めや、と金攻めが利かないこと、
二枚飛車で攻められると
舟囲いがモロいことなどから、
後手優勢です。
駒の損得だけが
バロメーターではありません。
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。