スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

易しい終盤問題解答(または実戦の進行)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


ブログセンターブログランキング

以上二つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

解答です。
第1問

この将棋は私が後手でした。
先手の趣向に対してうまく立ち回って
変則的な角換りに持ち込むことに成功。
先攻してペースを握りました。
実戦はここで▽8五飛。
ノータイムで▲5二角と
金銀両取りに打たれましたが、
以下▽8七歩成▲同金▽6九銀が用意の手順で、
寄せに入ることができました。
▽8五飛に▲8八歩と謝っても、
▽6六歩と叩いて攻め続ける構想でした。

第2問

これは・・・すみません。
図が少々間違っています。
本来は8九に桂などおらず、
7一に成桂がいます。
て、全然「少々」じゃないですね(笑)
7一成桂は後手玉の包囲網の一部なので、
いるといないとでは大違いでした・・・。
とはいえ、7一に成桂がいようといまいと
ここは▲5六飛で後手玉は必至です。
▲5六飛は▲5二成銀以下の詰めろですが、
仮に後手が5二に数を足したとしても
▲5二銀と持ち駒を打っていけば、
先手が数で勝ります。
また、▽5六同銀と取っても、
▲5二銀と打ってやはり詰みです。
ところが実戦は、▲4五飛としました。
これでもいいようですが、
以下▽3六桂▲3八玉(3九だと▽4八金で詰み)▽4八金▲3七玉▽4五桂
と進み、飛車を王手で抜かれてしまいました。
そして最後は時間切れで先手負け。
実はこれは私が後手だったのですが、
R対局だったので命拾いしました。

第3問

これは先手が私です。
後手の四間飛車穴熊に対して
得意の銀冠で対抗しました。
私は相穴熊をほとんど指しません。
これも森下先生(卓九段)の影響です。
序盤で位を狙って穴熊の桂を跳ねられ、
その後も角桂交換の猛襲を食らいましたが、
形勢は互角だったと思います。
問題図で私は▲1八角と打ちました。
歩の並びから、見えたのです。
対して▽5四歩が手筋のようですが、
これは一発▲6四歩と叩きます。
▽同金は▲5三銀ですから
後手は金を逃げますが、
6筋に拠点ができると
一気に手がかりがつかめた感じです。
実戦は▽7三金と単に逃げ、
以下▲7七銀▽6五歩▲6六銀▽同歩▲5六金▽6二飛に、
▲6三歩が利いたのも自陣角の効果で、
うまく食いついて勝てました。

さて、ここでまさかの(?)第4問です。
第3問の局面からの変化を
少し研究したところ、
次のような局面が出てきました。
第4問

先手次の一手は?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。