スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑わせて勝った一局 後編

自戦記続きです。
前編の最終局面を再掲します(再掲G図【▲8五桂まで】)

▽8八歩成 ▲9二竜 ▽8九と ▲7三桂成 ▽2四香 ▲3九桂 (H図)
先手は再び竜を後手陣に潜り込ませ、
左桂が7三まで到達しました。
特にこの桂馬は、理想的な駒捌きです。
しかし後手としても、
黙って負けるわけにはいきません。
香車を取ってからの▽2四香と、
必死に反撃しました。
これは▲3九桂で受かってるようですが・・・・・・

▽2七香成 ▲同桂 ▽2六銀 ▲2八歩 ▽3六歩 ▲同歩 ▽6七成銀 ▲4ハ角 ▽3七歩 ▲同桂
(I図)
後手は猛攻をかけます。
攻めが切れたら最後、
駒得の先手に
じっくり料理されてしまうのです。
▽3六歩▲同歩▽6七成銀の手順は、
右に左に手を移して、
目くらましの術。
その効果かはわかりませんが、
直後の▲4ハ角は良くなさそうな手です。
後手の2六銀取り且つ
▽5七成銀の防ぎで、
受け切ってやろうということでしょうが、
I図の局面となっては
打った角の働きが悪すぎます。

▽6五角 ▲8二竜 ▽4六金 (J図)
先手の角を無力化させてから
後手は▽6五角。
竜取りと同時に
先手玉のコビンを睨んでます。
本譜先手は竜を逃げましたが、
これには▽4六金が飛んできました。
いよいよ差が詰まってきた感じです。

▲5六香 ▽5七成銀 ▲同角 ▽同金 ▲6二成桂 ▽9三角 ▲同竜 (K図)
先手の▲5六香はこの一手でしょう。
対して▽5七成銀と
後手も勝負です。
対して先手も、
角を切って手番を握り、
▲6二桂成を入れました。
お互い力を尽くした攻防です。
しかし、▽9三角▲同竜の犠打は、
さすがに格好付けすぎだったか。
後手は次に▲6一成桂の逆王手を食らっても、
4二に駒を打って耐えられる形です。
どうやら熱戦になったきましたが、
ここから急転直下でした。

▽6二金 ▲6六銀 ▽4六桂 (L図)
先手の▲6六銀が危険でした。
角金両取りなのですが、
その瞬間▽4六桂が放たれました。

▲2九玉 ▽3七銀成 ▲3九銀 ▽2六桂 ▲7八飛 ▽4七金 ▲4九角 ▽5六角 (投了図)
まで102手で後手勝ち
▽4六桂のような手は、
見落としていればそうとう動揺しますが、
▲4六同歩と取るよりなかったと思います。
本譜▲2九玉は、
▽3七銀成から詰めろの連続で殺到され、
わかりやすく先手負けです。
投了図は先手受けなし。
▲9八竜と引いても、
▽4ハ金の空き王手から詰みます。

本局は先手の仕掛けを決め打ちしてかかった結果
形勢を損ねましたが、
諦めなかったのが逆転に繋がりました。
そういう部分は、
自分が成長したところだと思います。
有段の方から見ればヒドい自戦記でしょうけど、
低、中級の方々の参考に少しでもしていただければ
幸いです。
また、ツッコミ等は、
遠慮なくコメントに書き込んで下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。