スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽快速攻!相振り後手三間


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


ブログセンターブログランキング

以上二つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てをを押して下さい。何卒お願いします。

まず、ざはんさんに、
コメントのお礼を申し上げます。
▲5七角は不安定ですが、
変化球として有力だと思っていますので、
実戦経験をもっと積んでみたいです。
といっても最近立石流は
随分と下火なようですが・・・

さて、今回は自戦記です。
「三間トーチカvs居飛穴」でも
登場して頂いた友人と、私の対局の棋譜です。
相振り飛車で私が後手三間にしました。
が、「軽快速攻!」というのは
根拠のないキャッチフレーズでして(笑)
・・・ともかく手順を見ていきましょう。


▲友人R ▽エイリアス

初手からの指し手
▲7六歩 ▽3四歩 ▲6六歩 ▽3二飛 ▲7八銀 ▽6二玉 ▲7七角 ▽3五歩 ▲6七銀
▽7二銀 ▲8八飛 ▽1四歩 ▲1六歩 (1図)

相振り飛車
 友人Rは生粋の振り飛車党です。一応オールラウンダーの私は、今回は相振り飛車に持ち込みました。
 後手の私が早めに1筋の端歩を打診したのがちょっとした趣向策で、私は最近実戦でこの形を何度も試しています。今回Rはノータイムで受けてきましたが、相振り飛車の端歩は、受けると攻めを呼び込んでしまう場合もあり、難しいところです。恐らくRはそのような理屈は知らず、穴熊にするつもりがないので受けたものと思われます。
1図

1図からの指し手
▽3六歩 ▲同歩 ▽同飛 ▲3七歩 ▽3四飛 ▲4八玉 ▽3三桂 ▲5八金左 ▽2四歩
▲4六歩 ▽2五歩 (2図)

軽やかな捌きを狙う
 私は早速飛先交換をしました。一時期は、先手に矢倉に組まれると後手の飛先交換は逆効果だともいわれていましたが、近年は見直されてきているようです。▲4八玉に対しては、▽3六歩(▲同歩なら▽5五角)と行く手が見えますが、対局時は別な形を試してみたかったので、決行しませんでした。
 後手は飛車をちょこまか動かしていて、金銀は殆ど動いていません。激軽(?)の駒捌きでどこまでいけるかということです。
2図

2図からの指し手
▲3六歩 ▽2四飛 ▲3七玉 (3図)

唖然とする応酬
 ▽2四歩~▽2五歩は2筋に飛車を回ってもう一歩交換する狙いですが、なんと2図からRは▲3六歩と突きました。言うまでもなく、▽同飛とタダで取れるのですが、まさかこんな手を指されるとは思わなかった私は、当然のように▽2四飛と寄ってしまいました(笑)。全くボーッとしてましたね。対して▲3七玉はもの凄い頑張りです。
3図

3図からの指し手
▽4四歩 ▲4七金 ▽3二銀 ▲5六銀 ▽4三銀 ▲6五歩 ▽5四銀 ▲5五銀 (4図)

玉形との兼ね合い
 私は先手玉を悪形にさせたのに満足し、左銀を繰り出していきました。先手のRも銀を繰り出し、角道を開け、なかなか自然な指し方だったのですが、▲5五銀はさすがにムチャというものです。先手玉は3七にいて4九の金も浮いているのに、攻めのことばかり考えてしまった結果でしょう。一回玉形を落ち着かせるところでした。
4図

4図からの指し手
▽6五銀 ▲4四銀 ▽4二金 ▲3五銀 ▽7四飛 ▲7八飛 ▽7六銀 (5図)

薄い左辺
 Rは角筋を頼って銀を進撃させてきましたが、これを一旦受けた後、銀が抜けて手薄になった先手の左辺に、私は照準を合わせていきました。5図の▽7六銀は厳しい手で、▲5五角や▲6六角なら▽4五桂と王手で跳ねて角を素抜けます。また、▲8八角でもやはり▽4五桂と跳ね、▲同歩ならば▽8八角成▲同飛▽5五角で試合終了です。▲4四角は▽4三歩と打てば、上記の変化に合流します。角を逃げるとしたら▲8六角が唯一の手段で、これなら結構難しかったのです。
5図

5図からの指し手
▲3三角成 ▽同角 ▲3四銀 ▽9九角成 ▲3五桂 ▽3四飛 ▲7六飛 ▽6七角 ▲4三銀
▽7六角成 ▲4二銀成 ▽4九馬 ▲8二金 ▽3九馬 ▲4五歩 ▽5五馬 (投了図)
まで58手でエイリアスの勝ち

大暴発
 ▲3三角成が暴発で、実質はそこで将棋は終わりです。最後は先手玉形のヒドさをことごとく突いて圧勝となりました。▲8二金は、局面がとんでもない大差な上に、あまりにも美しくない手なので、指さないで投げて欲しかったです。Rも中級ぐらいになればそこら辺の感覚はわかってくると思います。
 本局の後手の作戦は、金銀を最初殆ど動かさないで飛角桂の攻撃陣を動かすというものですが、場合によっては速攻が成立することもあるので、奇襲っぽいですがなかなか使えます。1筋の端歩は、相手が受けてこなければ端攻めで潰しにかかる手順もあります。本局の内容はRのウッカリから残念なことになってしまいましたが、もっと良い棋譜を集めてまた書いてみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。
リンクさせていただきました。
よろしくお願いします。


この将棋、後手の低い陣形が成功しましたね。

4図からの△65銀は、眠っている先手の飛車が働き出す可能性があるので、損得は微妙かな?
△55同銀と指して後手が良くなれば一番いいですね。
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。