スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立石流に困ってる方に!▲5七角型


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。
また、アンケートも行っているので、そちらの方もご協力お願いします。

最近、「居飛車急戦のススメ」をサボっていますが、
連載打ち切りというわけではないので、
また続きをお楽しみに(笑)

さて、今回は、立石流対策について
少しだけ書いてみたいと思います。

初手から、
▲7六歩 ▽3四歩 ▲2六歩 ▽4四歩 ▲4八銀 ▽4二飛 ▲6八玉 ▽3二金
▲2五歩 ▽3五歩 ▲5六歩 ▽4五歩 (1図)
1図

居飛車先手で解説します。
後手は最初は普通に四間飛車に振るのですが、
▽3二金~▽3五歩~▽4五歩が独特の手順です。
これは、次に角交換をしてから▽4四飛~3四飛と
石田流に組み替える狙いがあります。
▲5六歩のところで、
▲2四歩▽同飛▲同歩と行くのは、
おとなしく▽2三歩と受けられ、
将来▽2四飛とぶつける筋があります(参考図)。
参考図

先手は飛車交換になると、
▽2八飛と打ち込まれる筋が気になります。
後手は▲2一飛と打ち込まれても
▽2二角で逆に飛車を閉じ込められるので、
大丈夫です。
つまり、飛車交換は立石流側に
利益となることが多いのです。
参考図から飛車交換を避けるなら
▲2六歩と打っておくぐらいですが、
一度飛先交換した歩を
もう一度打つというのは、
気分の良いものではありません。
先手が5手ぐらい損をした勘定になります。
それから後手にのびのびと石田流に組まれて
先手作戦負けです。
そのようなわけで、
先手の飛先交換はお勧めできません。

1図から、
▲2二角成 ▽同銀 ▲5七角 (2図)
2図

先手が角交換~▲5七角と打つのが
今回のお題の▲5七角型です。
角を打つなら▲7七角(▽4四飛を防ぐ)が一般的ですが、
▲5七角は、3五の歩取りとなってます。
後手はこれを受けるためには、
▽4四角と打つしかありません。
これで▽4四飛を封じています。
とはいえ、▽4四角も9一の香取りです。

2図から、
▽4四角 ▲6六歩 ▽3三銀 ▲7八玉 ▽6二玉 ▲5八金右 ▽7二銀 ▲6七金(途中図)
▽7一玉 ▲7七桂 ▽8二玉 ▲8九玉 (3図)
途中図3図

一例として、
私の大好きなトーチカに組む手順を
みてみましたが、
後手が早めに動いてくれば
それに合わせて対応します。
ゆったり組み合うのであれば、
やはりトーチカがいいでしょう。
いかなるときでも
「棋は対話なり」です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

勉強になりました。

なるほど。この指し方なら作戦負けしませんね。
次の対局で試してみたいと思います。
貴重な情報ありがとうございました。
日向

はじめてコメントします。
ざはんと申します。

なるほど、第3図まで組めるのなら▲57角と打つ価値はありますね。
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。