スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居飛穴vs三間トーチカ(vs24低級の友人)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

最近急成長している24低級の友人と指した将棋。
三間飛車は私も愛用していますが、
その友人も三間党なので、
私は居飛車穴熊に組んでみました。
私が後手です。

初手からの指し手
▲7六歩 ▽3四歩 ▲6六歩 ▽8四歩 ▲7八飛 ▽8五歩 ▲7七角 ▽6二銀
▲4八玉 ▽9四歩 (第1図)

一手パス
 先手の友人は愛用の三間飛車。▽9四歩は序盤早々一手パスです。最近彼と真面目に指していなかったので、どんなものだか見てみたいという気もしていました。
1図


1図からの指し手
▲6八銀 ▽4二玉 ▲1六歩 ▽3二玉 ▲3八玉 ▽5四歩 ▲1五歩 ▽5三銀
▲5六歩 ▽3三角 (2図)

後手、居飛穴模様
 後手は端歩を受けず、▽5三銀、▽3三角と、どうやら居飛穴模様です。対して先手は、少々早い気もしますが、端歩を突き越しました。急戦を仕掛けることも視野に入ってます。
2図


2図からの指し手
▲5七銀 ▽5二金右 ▲5八金左 ▽2二玉 ▲4六歩 ▽1二香 ▲3六歩
▽1一玉 ▲3七桂 ▽4四歩 ▲4七金 ▽2二銀 ▲4五歩 (3図)

急所の位
 後手は着々と居飛穴を組んでいきます。その間に先手は上部に厚く構えます。そして▲4五歩が急所の一手です。▽同歩は▲同桂が角銀両取りなので、先手の4筋位取りが確定しました。どの囲いに対しても、端から4番目の位を取ると、それだけでポイントになりえます。
3図


3図からの指し手
▽4二角 ▲4四歩 ▽同銀 ▲4五歩 ▽3三銀 ▲4六銀 ▽4三金 ▲2九玉 
▽3一金 ▲3八金 ▽8六角 (4図)

開戦の鬼手
 お互い金を寄せて陣容整備をしましたが、後手は金を寄せずにいきなり▽8六歩と動く手もあったかもしれません。先手としても囲いが完成するまで不安定なので、対応を間違えると一気に終わってしまうでしょう。ただ、対局中は先手が中央から軽く捌いて受け流す手順が見えたので、一旦中央を厚くし、離れ駒をなくそうと思ってました。先手はトーチカ、後手は穴熊が完成したところで、▽8六角の鬼手。これは一部で有名な手で、相手が低級の友人ということもあって採用しました(笑)。さすがに上級相手にやる度胸はありません。
4図


4図からの指し手
▲5五歩 ▽7七角成 ▲同飛 ▽8六歩 ▲5七飛 ▽7九角 ▲5四歩
▽5七角成 ▲同銀 ▽5四金 ▲7一角 ▽9二飛 ▲4三角 (5図)

先手好調
 先手は▽8六角の鬼手を取らずに、中央から捌きを狙いました。後手は▽7七角成と交換したのは良いとして、▽8六歩と突破を狙ったのは悪手でした。まだしも▽8八角と駒得を狙う方がマシで、本譜は先手好調な捌きです。
後手は飛角交換には持ち込めましたが、先手のトーチカもしっかりしていて、2枚角の反撃も厳しかったのです。
5図


5図からの指し手
▽5三歩 ▲2五桂 ▽4一飛 ▲3三桂成 ▽同銀 ▲5四角成 ▽同歩 
▲5三角成 ▽5五桂 (6図)

根性の自陣飛車
 ▽5三歩で金取りを受けた後手ですが、▲2五桂と桂馬も活躍してきて後手困ってます。しかしここで負けてはちょっと恥ずかしいので(笑)、二枚角両取りの自陣飛車を打って耐え凌ごうとしました。しかし、▲5四角成~▲5三角成も好判断で、なお先手がいいでしょう。そこで後手は最後の勝負で▽5五桂と金取りを放ちました。対して▲4八金引と逃げておけば完封だったのですが・・・
6図


6図からの指し手
▲5二銀  ▽4七桂成 ▲同金 ▽4五飛 ▲4六歩 ▽4二飛 ▲4五桂
▽5二飛左 ▲同馬 ▽同飛 ▲3三桂成 ▽同桂 (7図)

攻め駒が消える
 先手は金を逃げずに▲5二銀と攻めていきました。気合いは良いのですが、ここらへんから流れがおかしくなっていきます。▽4五飛の瞬間に▲3一馬と勝負する手もあったでしょう。後手も間違えれば寄ってしまいます。しかし本譜はノータイムで▲4六歩。きっと▲3一馬は見えていなかったのだと思います。続く▲4五桂が疑問で、▽4二飛左から先手の盤上の攻め駒がなくなってしまいました。それでもまだ、先手がやれそうなところが、もともとの差を物語っています。
7図


7図からの指し手
▲4四銀 ▽6九角 ▲4八銀 ▽5八銀 ▲3三銀成 ▽4七銀成 ▲2五飛
▽4八成銀 ▲同銀 ▽5六角 ▲3八金 ▽4九銀 (8図)

我慢を欠いた
 ▲4四銀から先手は再度迫っていきます。しかし、後手も▽6九角と反撃。▲3三銀成が悪手となりました。ここは一旦4七の金取りを受けるところで、丁寧に対応すれば先手有望でした。8図まで進んでしまうと、後手にも充分な手駒があるので、受け切るのは大変そうです。
8図

8図からの指し手
▲2三飛成 ▽3八角成 ▲1八玉 ▽2八金 ▲1七玉 ▽2七金 ▲同竜 ▽同馬
▲同玉 ▽3五桂 ▲1六玉 ▽2六金 ▲同玉 ▽2九飛 (投了図)
まで104手でエイリアスの勝ち

即詰み
 ▲2三飛成と思い出草に成り込んだものの、▽3八角成から先手玉は詰みです。やや長めの手順ですが、確かに詰んでいます。

 本局は、友人が三間トーチカからうまく捌いて優勢になりましたが、所々で受けをなおざりにしたのが祟ってしまいました。最後はなんとかこちらが勝てて良かったですが、三間トーチカはなかなか優秀なのではないかと思います。私も将棋倶楽部24で、三間トーチカを駆使して2級から初段に上がりました。トーチカというと、藤井システムへの居飛車側の対抗策として一時期注目されてましたが、手数の割りに穴熊ほどは堅くありませんでした。居飛車のトーチカは、角の移動が色々と面倒くさいので、大変なのです。しかし、振り飛車トーチカなら、なんと高美濃と同手数で組めます。そして、高美濃よりやや遠くなります。今のところは、三間飛車と一番相性が良いようですが、他の振り飛車でもうまいやり方があるかもしれません。一度は実戦で使ってみても面白いと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

振り飛車のトーチカって
高美濃と同手数なんですね!
はじめて知りました……

でもくみ上げる前に開戦したら
美濃から高美濃にくみ上げるかたちより少し劣りませんか?

でも振り飛車トーチカは魅力的ですね
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。