スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム~居飛車急戦のススメ13~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

▲6九金型斜め棒銀編 6

更新が遅れたことお詫び申し上げます。
さて、前回は第27図から
▽2二角と引く手をみてみましたが、
先手よしが結論でした。
第27図

かといって、第27図から
平凡に▽4三銀と逃げたりすると、
ジワっと▲3五銀と出るのが好手です。
この手は、次に▲3四歩と打って
後手の角を追ってから攻めたりする狙いがあります。
▲3五銀の形は、
先手が上段に構えたようなもので、
この上段から打ちかかりを
後手はどうにも防ぎにくいのです。
これはいろいろな戦型に共通で、
「銀が五段目に出られれば攻めは成功」
という有名な格言もありますね。
第27図で後手は銀を逃げるのはダメだったので、
▽4三金と物理的に受ける手はあります。
これはこれで面白い変化になりますが、
▽4三金という手は金が玉から離れ、
右辺に飛角金銀の
見るからに重そうな塊ができてしまい、
軽く駒を躍動させる(捌く)という
振り飛車の基本理念からは
少し異なります。
なのでプロでもごくまれにしか指されません。
第27図から本手は、▽4五歩(第28図)です。
第28図

どこかで見たことのある手ですね。
そう、以前解説した
2筋不突き捨て型でも出た手です。
そのときは細かい理論は省いたのですが、
それは今さっき、述べたものです。
以下数手は、
2筋不突き捨て型でお馴染みの手順です。

第28図以下、
▲3三角成 ▽同飛 ▲2二角 ▽4六歩 ▲3三角成 (第29図)
第29図

そして、この局面が問題です。
2筋不突き捨て型では、ここから
▽3三同桂▲3四飛▽4三金と
力強く指して後手優勢でしたが、
2筋突き捨て型ではそうはいきません。
上の手順の最終手▽4三金の瞬間に
▲2四飛(参考図)があるのです。
参考図

これは先手が次に飛車成りを約束されていて
先手優勢です。
ということで、第29図で後手は
取れる馬を取らずに別な手を
指すことになります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あんぱぱさん、どうもありがとうございます。
相互リンクの件は、こちらこそ宜しくお願いします。

初投稿

もしかして2回目の投稿だったらタイトルはウソです。
ごめんなさい_(。_。)_
密かに講座は拝見しておりました。
コメントはつけようと思いつつも、
講座が完璧すぎてパパのレベルでは
コメントつけられません(笑)
せいぜい「参考になります!」程度のことです。
取り急ぎ応援まで。駄文失礼致します。

P.S.差し支えなければ当ブログも多少、
将棋を扱っているので相互リンク願えないでしょうか?
ご検討ください。
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。