スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム~居飛車急戦のススメ12~の補足

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

▲6九金型斜め棒銀編 5

もう秋だということで、模様替えをしました。
今、ブログランキングの順位が
日に日に落ちてきていますので、
これを機に上位に返り咲ければとも
密かに思ってたりします。
閲覧された折にはどうか必ず、
バナーを押して頂きたいものです。
また、最近SwallowDragonさんが
よくコメントを下さいますが、
やはり多くの方に
コメントを頂きたいものでして。
贅沢なんですけどね(笑)
もともと交流を広げる目的もあって
設立したブログなので、
どんどんコメントを頂けると幸いです。

さて、将棋の内容に移りましょう。
前回(居飛車急戦のススメ12)では、
27図から後手が▽2二角と引く変化を
みました。
第27図

▽2二角以下は、▲4五銀!▽4三銀▲3二飛成以下が
定跡手順となっていますが、
▽2二角に対して▲3三歩(参考1図)と叩く手も
見えるところです。
これは後手良しと結論が出ているのですが、
解説を忘れていたので補足します。
参考1図

参考1図から、
▽3三同飛 ▲4四角 ▽4三銀(途中図)▲3三角成 ▽同角 ▲同飛成 ▽同桂(参考2図)
途中図
参考2図

▲3三歩に対しては、
▽同飛と取るよりありません。
他の手では3四の銀がタダですね。
▲4四角と飛び出して
先手好調かと一瞬思えるのですが、
▽4三銀が好手です。
銀で角取りですし、
両者の飛車もぶつかります。
となると、先手は▲3三角成と
飛車を取るしかないですが、
▽3三同角が、
先手の9九の香に当たってます。
先手は銀や角があれば
7七に打って受けられるのですが、
先手は飛車しか持ってません。
まさか飛車を打って受けるわけにも
いかないので、
エイヤとばかりに▲3三同飛成と
切ってしまいますが、
こうして進んだ参考2図は、
飛角総交換となっています。
大駒交換が、
玉の頑丈な振り飛車に
有利に働きやすいことは、
常識であり、このコラムでも以前
書いたことがあります。
総交換ともなれば後手大満足です。
ちなみに、途中図から▲3三飛成と
飛車から行っても、
▽同角▲同角成▽同桂で
参考2図と同じ局面になります。

参考2図から、
▲3四歩 ▽同銀 ▲3一飛 ▽4三銀! ▲3三飛成 ▽4四角 (参考3図)
参考3図

参考2図から先手が攻めるなら
これしかないといわれる手順ですが、
桂馬を敢えて取らせてしまい、
▽4四角の両取りを掛けるのが
後手の好手順です。
第3図以下▲4四同竜と切れば
一応先手の飛と後手の角桂の交換で
先手駒得となるのですが、
先手は歩切れなので
端攻めや、と金攻めが利かないこと、
二枚飛車で攻められると
舟囲いがモロいことなどから、
後手優勢です。
駒の損得だけが
バロメーターではありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

居飛車の苦悩

居飛車大変ですね。

コメントしました

コメントさせていただきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。