スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力戦! 対先手早石田 4手目▽3二金戦法


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。お願いします。

今回は一回読み切りのコラムです。
題名通り、▲7六歩 ▽3四歩 ▲7五歩の
先手早石田の立ち上がりに対して
▽3二金(A図)と上がる戦法についてです。
A図

この▽3二金という手は、
先手が角道を止めずに
ダイレクトに三間飛車にするのを
一応牽制しています。
もし5手目に▲7八飛と指せば、
▽8八角成 ▲同銀 ▽4五角(B図)
が、あります。
B図

以下▲7六角が手筋なのですが、
後手の3二の金が
4三の地点を守っているので
無効です。
また、▲3六角と角を合わせるのは、
▽6七角成 ▲6三角成と
お互い馬を作り合う展開に
なりますが、
後手が一手早く歩を取っていけるため、
後手としては充分です。
よって、4手目▽3二金に対しては
先手も一旦は角道を止めるのが
無難でしょう。
とはいえ、▽3二金型は
普通は対居飛車の形としたもので、
相手が振り飛車(石田流三間飛車)を
明示しているのに
▽3二金型に構えるというのは、
挑発ともとれます。
後手は力戦形へ誘導するのが自然で、
力将棋が苦手な方には
あまりお勧めできません。
私はこの4手目▽3二金戦法を
いずれも後手を持って2局
指しているのですが、
1局目は私が玉も囲わず位取りに構え、
C図の局面に進みました。
C図


2局目はつい昨日指した将棋で、
今度は相振り飛車へと進み、
D図のようになりました。
D図

D図の後手の構えは、
振り飛車なのに玉が左にいる
「左玉」と呼ばれる形です。

この戦法はまだまだ研究中ですが、
後手は様々な形に進めることができ、
なかなかに面白いと思います。
力戦好きの方は、
是非使ってみて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

対早石田 大好きですね。
若手の沢田?っぽい指し方?

No title

毎度のコメントありがとうございます。
左玉は、僕が持っている棋書にも書いてありました。
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。