スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角換り棒銀の裏芸

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。お願いします。

今回は「角換り棒銀の裏芸」
と称しまして、
自戦記を書いてみます。
取り上げる対局は、
今日サークルで指した将棋です。
棋譜掲載の許可はとってあります。
また、今後は
サークルで指した将棋について
相手の方の了承を頂ければ
全て自戦記に書きたいと
思ってます。

この対局は先手が私です。
初手から、
▲7六歩 ▽3四歩 ▲2六歩 ▽8四歩 ▲7七角 ▽3二金 ▲7八銀 ▽4二銀 ▲3八銀
(A図)
A図

後手の方は
振り飛車にしてこられると思い、
居飛車を選択したのですが、
なんと相居飛車模様に
されてしまいました。
そこで5手目▲7七角と
力戦を目指したのですが、
なかなか思うようには
運ばないものです。
お互い突っ張り合ったような
序盤戦となりました。

A図から、
▽5四歩 ▲2二角成 ▽同金 ▲7七銀 ▽3二金 ▲2七銀 (B図)
B図

結局やや変則的な
角換りになりました。
角換りと言えば
私の得意戦法は棒銀。
コラムで連載したことも
ありますね。
というわけで▲2七銀と
棒銀を目指したのですが・・・

B図から、
▽6二銀 ▲3六歩 ▽5三銀 ▲8八飛 (C図)
C図

しかし私は
結局は向飛車にしました。
なぜかといいますと、
棒銀がやりにくいと思ったからです。
そう思った理由は、
後手が飛先を
一つしか突いていないことです。
角換り棒銀では、
8四に空間があることが
先手に有利に働きやすいのです。
例えば、下の参考図。
参考図

角換り棒銀から
先手が端攻めをして
参考図に至りますが、
この▲8四香は
▽同飛なら▲6六角、
飛車を逃げれば▲8一香成と
厳しい手です。
しかし、これは
後手が▽8五歩型だからこそで、
▽8四歩型の場合では
打つことができません。
もちろん、角換り棒銀が
不成立ということではないのですが、
疲れるのですよ(笑)
気力があれば
棒銀にしたかもですが、
サークル内の試合ということもあり、
一種の趣向策でした。
2七に居る銀は、
銀冠にして守りに使えばよいのです。
この、
「銀冠向飛車」が
「角換り棒銀の裏芸」とも言える手段です。

C図から、
▽4一玉 ▲3八金 ▽4四歩 ▲6六銀 ▽7四歩 ▲3七桂 ▽1四歩 ▲7七桂 (D図)
D図

私は予定通り
銀冠を築城しました。
▽1四歩に対して
普通は▲1六歩と受けますが、
強く▲7七桂と跳びました。
後手が▽1五歩と突き越してくれば、
▲1六歩▽同歩▲同銀という
棒銀の手筋を応用した
端攻めが生じるので、
1筋を突き越されるのは
逆に歓迎という気持ちで
指していました。

D図から、
▽4三銀 ▲8九飛 ▽3三桂 ▲6八金 ▽4五歩 ▲2八角 (E図)
E図

▲8九飛、▲6八金型は
角交換向飛車における
典型的な好形です。
飛車と金がお互いの弱点を
カバーし合っています。
最終手▲2八角は凝った手です。
次の狙いは▲4五桂ですが、
2八のマスは本来
先手玉を囲う場所なので、
デメリットも大きいです。
なので、居玉で戦う覚悟で
打ってみました。
直前の▽4五歩の位取りに、
兎に角反発してみたかったのです。

E図から、
▽6二金 ▲4五桂 ▽6四銀 ▲3三桂成 ▽同金 ▲6五銀 ▽5五角 ▲6四銀 ▽同角
(F図)
F図

後手の方は、▲4五桂を
見落とされていたそうで、
私の理想的な展開になりました。
しかし▲6五銀が
もしかしたらやり過ぎで、
▽5五角と打たれて
結構難しくなっています。
最終手▽6四同角は、
一種の操作ミスだったようです。
正しくは▽2八角成▲同金と
形を乱してから、
▽6四歩と取り返す手順で、
これが好手順と私も思います。

F図から、
▲6四同角 ▽同歩 ▲4五桂 ▽4四銀 ▲3三桂成 ▽同銀 ▲7一銀 ▽9二飛 ▲6二銀不成
▽5五角 (G図)
G図

▲4五桂~▲7一銀と
好調に攻めることができ、
さすがに優勢かと思ってましたが、
最終手▽5五角のお陰で
後で肝を冷やすことになります(笑)

G図から、
▲5三銀成 ▽4二銀 ▲6三角 ▽3二玉 ▲4二銀成 ▽同玉 ▲4六銀 ▽7七角成 (H図)
H図

先手は駒得していますが、
敵陣には成銀一枚しかなく、
すぐには決められません。
結局わけがわからなくなってしまい、
▲4六銀と自陣に打ったら、
▽7七角成が意表の手でした。
まさか切ってこられるとは
思っていなかったのです。

H図から、
▲7七同金 ▽6五桂 ▲6六金 ▽7八銀 ▲6五金 ▽同歩 ▲4五桂 (I図)
I図

前譜最終手▽7七角成は
勿論▲同金と取りました。
そこで▽6五桂。
怖いようでも▲6六金と
私は上がりました。
▲6六金の時点で私は
「以下▽7七銀▲4八玉で勝ち筋」
と読んでいました。
▽7七銀は、6六の金取り且つ
次に▽7八銀成狙いの手ですが、
なんといきなり▽7八銀と打って
飛車が死んでいるのです!
(▲8八飛と逃げれば▽7七桂成。)
完全に見落としていました。
呆れます。
しかたがないので
▲6五金と桂馬を外しました。
対して本譜は▽6五同歩でしたが、
▽8九銀成と飛車を取られていたら
更に焦って間違えたでしょう。
最終手▲4五桂は▲3三角以下の
詰めろです(手数はそこそこかかりますが)。
しかし、対局中は詰まないと
思っていました。
お粗末です。

I図から、
▽6七銀成 ▲4八玉 ▽4一桂 ▲6四角 ▽5三桂 ▲3三金 ▽同桂 ▲5三角成 ▽3二玉
(J図)
J図

後手は飛車を取らずに▽6七銀成と
迫ってこられました。
この瞬間に前述の▲3三角で
詰ませれば格好良かったのですが、
逃してしまいました。
(詰み手順はクイズとしましょう)
▽4一桂と粘られ、
▲6四角~▲3三金以下
ゴリゴリと寄せに行きました。

J図から、
▲3三桂成 ▽同玉 ▲2五桂 ▽2四玉 ▲4三馬 (投了図)
迄81手で先手勝ち

詰みは逃しましたが、
まだ勝ち筋だったようです。
▲2五桂の王手に対して、
本譜は▽2四玉と上がったので、
▲3五銀▽同銀▲同馬以下の
詰みが生じましたが、
それも逃してしまいました。
今度は簡単な5手詰めだけに、
自分の終盤力のなさに
呆れるばかりです・・・ハァ。
本譜の▲4三馬でも勝ちですが、
詰みのあるときは詰ますのが
マナーですから。
そこは反省してます。

本局は中盤の▲2八角から
優勢になることができましたが、
終盤もたついたのが
なによりの反省点です。
鍛えないとなあ・・・。
と毎回言ってる気がしますが(笑)
それはともかく、
私の角換り棒銀のコラムで
その魅力の虜になってしまったあなた!
(え?そんな奴いないよって?)
合わせて銀冠向飛車も
お勧めします。
「裏芸」として
時々使ってみて下さい!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。