スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム~居飛車急戦のススメ7~

ブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村のランキングに参加しています。訪問された方は、是非上の画像をポチッと押して下さい。
お願い申し上げます。
昨日2位から3位へ落ちてしまいました(泣)
上げるためになにかいい方法ないかなあ・・・・・・

山田流端角作戦編 3
前回、
「次回は第9図からの指し手bを書いて終了」
とか言いました。
まずその第9図です。
第9図

第9図から指し手b
▽4三銀 ▲6六銀 ▽4二飛 (第12図)

第12図

指し手aでは
後手は▽6四歩~▽4五歩としましたが
先手の2筋の攻めが決まってしまいました。
ということで、指し手bでは、
▽4三銀と上がってから
▽4二飛と飛車の位置を戻します。
初級者の方は
訳が分からないかも知れませんが、
後手の意図は次譜でわかります。

第12図から、
▲2四歩 ▽同歩 ▲同角 ▽2二飛 (第13図)
第13図

先手は2筋から仕掛けますが、
最後の▽2二飛が後手の狙いでした。
次に先手が▲3三角成と角を取れば
当然▽2八飛成と飛を取り返せます。
この▲2四歩▽同歩▲同角▽2二飛は
振り飛車vs居飛車持久戦(左美濃、穴熊)
でよく見られる手筋です。
振り飛車党は必修でしょう。

第13図から、
▲2五歩 ▽4五歩 ▲7九角 ▽2三歩 ▲3七桂 ▽4四銀 (第14図)
第14図

第13図からは▲2五歩が正解。
対して▽6四歩と陣形を整備すると
▲3三角成▽同桂▲3一角と
馬作りが確定して先手良しです。
また、▲2五歩に対して
▽2三歩と打つのは、
▲3三角成▽同桂▲6八金直▽2一飛▲7五歩▽6四歩▲7七銀▽8四歩▲7六銀(参考図)
参考図

と手順は長いのですが、
参考図を見てみると
先手が盤面左側を圧してる感じです。
かなり抽象的ですが、具体例を挙げれば、
後手は▽7四歩と突けず
8一の桂馬を跳ねられない上に
玉の逃げ道が狭い、といった
ところでしょうか。
ある程度以上の実力者同士なら
ハッキリと先手良いのですが、
初級者の方同士では
意外に差がないかも知れません。
さて、脇道に逸れてしまいましたので
本手順に戻りましょう。

第14図から、
▲4六歩 ▽同歩 ▲同角 (第15図)
第15図

先手は今度は
4筋の歩を交換します。
先手の角が活躍してますね。

さて、
15図以下の攻防も
続けて見ていきたいところですが、
変化を入れると長くなるので
次回に回します。
本当は今回で
終わる筈だったんですけどね。
まあ、毎度のことです(笑)
どうかお許しを・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。