スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム~居飛車急戦のススメ5~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキング参加中です。 訪問された方は、図々しいようですが、毎回ポチして下さいませんでしょうか? ご協力お願いします。

山田流端角作戦編 1

先ずは急戦の基本図である第1図を、
掲載します。
第1図

前回の山田流斜め棒銀は、
この第1図の局面から
後手が▽6四歩と突いたときに
使えるのでした。
5三と6四に「空間」がないということが
ポイントでした。
今回の山田流端角作戦は、
第1図から▽5四歩と進んだときに
成立します。
居飛車は6四と5三の「空間」を
咎めようとするのです。

第1図から、
▽5四歩 ▲9七角 (第8図)
第8図

▲9七角がその手段です。
ただし、この手は、
後手が▽5二金、▽3二銀の形においてのみ
成立する手です。
理由は次譜で。

第8図から、本手順
▽4一飛 ▲7九角 (第9図)
第9図

後手は飛車を逃げつつ角を成らせない
▽4一飛が本手です。
このとき、
後手が▽4一金型だと▽5二飛、
▽4三銀型だと▽3二飛と
横に逃げる手があります。
先手には後手の飛車に
縦に逃げてもらいたい理由があって、
その理由は次回以降ご紹介する予定です。
対して先手は▲7九角と引きます。
これは次に、▲6六銀~▲2四歩と
2筋を狙う手です。
この後の定跡は次回に回しまして、
今回はいくつかの参考手順を
見ていきたいと思います。

第8図から、参考手順a
▽4三飛 ▲3一角成 ▽4二金(参考1図)
参考1図

この▽4三飛は、
「振り飛車の裏技」的な感じで
本に載っていることがありますが、
狙いは▽5一金~▽6一金寄の
馬殺しです。
ただ、玉が非常に薄くなるので、
指しにくいところがあります。
私はこの形を
四間飛車側をもって
一回指したことがあるだけで、
定跡は忘れてしまいましたが
(て、忘れちゃダメじゃん!!)
そのときとても
指してて辛かったのを覚えてます。
私には一つ居飛車の強引な仕掛けが
見えるのですが、
全く自信ないので書きません(笑)
グダグダになりそうですしね^^
確かこの形の詳しい正しい定跡は
高野秀之五段の著書、
『これにて良し? 四間飛車vs急戦定跡再点検』(1999年 毎日コミュニケーションズ)
に、載ってたと思います。

第8図から、参考手順b
▽4三銀 ▲4二角成 ▽同金 ▲6六歩 (参考2図)
参考2図

第8図から飛車を逃げないと
どうなるのでしょうか?
私の知る限りどの本にも
書いていなかったので、
私の推測を書きます。
▽4三銀は、
次こそ▽3二飛という
横への逃げを狙っているので、
先手は飛車を取るなら今です。
▽6二同金では▽同角も
あると思います。
いずれにしても先手は、
じーっと▲6六歩と突くのが良さげです。
この▲6六歩という手は
8八の角がいない時の
先手の常套手段でもあります。
先手は飛車を持っていますが、
すぐに▲3一飛などと打ち込むと、
▽3二銀と引かれて飛車が必至です。
ですが、じっくり陣容を整備して、
「隙あらば打ち込んでやるぞ」
という構えで指していけば、
後手は相当神経を使うことになり、
精神的に先手有利でしょう。
例えば、下の図のような局面に
進んだとします。
図

ここから、
▲9五歩 ▽同歩 ▲同香 ▽同香 ▲9二飛 (下図)
などといった順で、
竜を作れれば先手優勢です。
図


次回からは
第9図以降の本定跡を見ていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。