スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム~居飛車急戦のススメ3~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキング参加中です。 訪問された方は、図々しいようですが、毎回ポチして下さいませんでしょうか? ご協力お願いします。

山田流斜め棒銀編 2

前回は
変化ばかり書いてしまい、
結局本定跡に
辿り着けませんでした^^
ということで
今回は本定跡です。
まず、第1図を再掲します。
第1図

この第1図から、
▽6四歩 ▲3五歩 ▽同歩 ▲4六銀 ▽3六歩 ▲3五銀 ▽4五歩 ▲3三角成 ▽同銀 (第2図)
第2図

実はここまでは
前回も書いたのですが、
もう一度書きます。
最初の▽6四歩は
振り飛車の選択肢の一つ。
他に▽5四歩、▽1二香、▽4三銀があると
すでに述べました。
そして、
この山田流斜め棒銀は、
後手が▽6四歩型のときに
成立するとも
述べました。
理由は、
「5三と6四に“空間”がないから」
でしたが、
この詳しい意味は
今回明らかになります(多分)

第2図から、
(1)▲2四歩 ▽同歩 ▲同銀 ▽同銀 ▲同飛 ▽3三角(途中図)▲2一飛成 ▽2二飛 (第3図)
途中図
第3図

先手が銀交換を挑むと
こう進行します。
途中図の▽3三角は
気持ちのいい両取りですが、
▲2一飛成に対して
▽9九角成と行くと、
一回▲8八銀と
馬を封じられて、
後手がよくありません。
▽2二飛のぶつけが、
定跡の教える好手で、
飛車交換になれば
後手がいいということです。
なぜなら、
後手の美濃囲いの方が、
先手の舟囲いより
金銀の連結がよく、
堅固だからです。

第3図から、
▲2二同竜 ▽同角(途中図)▲6六角 ▽同角 ▲同歩 ▽2八飛 (第4図)
途中図
第4図

先手は飛車交換するより
ありません。
▲2二同竜のところで
▲3一竜と角取りにかわしても、
以下▽9九角成▲8八銀▽同馬▲同玉▽2九飛成
と、飛車を成り込めるので、
後手優勢です。
途中図の局面では
次に後手から
▽9九角成や▽8八飛
といった手があり、
先手は後手の角筋を
止めなければいけません。
本譜は角を合わせましたが、
他にどんな受けをやっても、
後手は▽2八飛と
飛車を先に打てるので、
後手優勢です。

第2図から
先手は銀交換に出ると、
どうも悪くなるようです。
次回は第2図からの
正解手順を書きます。
そこでやっと
「空間」云々が
関係してきます。
え、最初と言ってることが
違うって?
はい、仰る通りです。
でも(多分)て
つけましたので(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。