スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム~角換り棒銀を指そう その7~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキング参加中です。 訪問された方は、ポチして下さい。 ご協力お願いします。

さて、今回で角換り棒銀は終わりです(多分)。
て、前回も言ってましたか。
さて、前回の最終局面を再掲します。
第18図

この局面から、
先手が積極的に攻めを狙うためには
どう指せばいいかという話でした。
先手は角筋が止まっていて、
飛車も2筋で睨み合ってますので、
飛車角で攻めるのは、
すぐには難しいです。
よって、小駒を使います。
正解手順は、18図より、
▲6六銀 ▽6四銀 ▲7七桂 (第19図)
第19図

右の飛車角がだめなら
左の銀桂です。
通常、盤面左側というのは
居飛車にとって玉を囲う場所なので、
左側の駒は守り駒である筈です。
しかし、本譜は、
その駒を繰り出して攻めます。
では、玉はどこに囲うのでしょう?
居飛車玉の定位置の左辺の駒は、
攻撃部隊に変わってしまっています。
したがって、左には囲えません。
かといって、右に行こうにも、
そこには飛車角がひしめいています。
これはどうも
玉を囲うのに適しません。
左にも右にも囲えない、
となると正解は、
玉は囲わないです。
居玉のままで戦うのです。
さて、19図の先手は、
次に▲6五銀打という手を狙ってます。
蛇足ですが、後手が▽7六角と
歩を取りますと、
やはり▲6五銀打で角が死にます。
第19図以下、
後手も(1)▽7七桂と対抗すれば、
▲4六歩▽同歩▲7四角と
攻められますか。
よく読んでませんがw
あるいは▲5五銀打か。
二つ組み合わせるんでしょうかね。
また、
(2)▽7五歩と激しく動いてきても、
(3)▽3五歩と穏やかに指してきても、
いずれも狙い通り▲6五銀打と攻めて
優劣不明の戦いです。
先手は大駒などぶつけて
強気に戦うのがいいでしょう。

実は、18図以下の
▲6六銀~▲7七桂という構想は、
むかーし加藤一二三九段が
指されたものだそうです。
そうとは知らずに
プロの指導対局で
長考の末に
首を傾げながら(笑)
指したのですが、
なんと褒めて頂き、
「自分がこの手を指したということを
一生忘れてはならない」
みたいなことまで
言って頂き、
本当に嬉しかったのを
覚えてます。

最後は自慢になって
しまいましたが、
何はともあれ
これで、本当に終わりです。
コラム~角換り棒銀を指そう~ 全七回が
ほんの僅かでも皆様のお役に立てれば
幸いです。
次回からは、
対四間飛車居飛車急戦について
書いていきます(多分)。
↑あ、また(多分)とか言ってしまった・・・(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。