スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序盤戦術のまとめ2

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はバナーを押して下さい。

駒の方向性を考える 2

前回は端攻め講座になりましたが、
ポイントをまとめましょう。
飛、角、桂、香の4枚が端を目指して
ようやく攻めの成功となりましたね。
この「目指す」というのを言い換えると
「方向性」になりそうです。
攻め駒/守り駒といった「目的」も
「方向性」と言えるでしょう。

それでは下の図1を見て下さい。
図1

先手の番だとします。
受けようとするのならば
6五の歩を守って▲6六銀などといった手が見えますが、
これが受けになっているかどうかは考えものです。
というのも7七の銀は守り駒で、
玉の近くにいるのが望ましいものです。
▲6六銀という手は銀が玉から離れ、
そればかりか相手の攻撃陣に近づいています。
前進守備のようなものですが、危険です。
具体的には後手に▽7五歩と突かれれば
銀交換に持ち込まれてしまいそうです。
ただでさえ相手は
相手の攻め駒とこちらの守り駒を交換したいというのに、
前進守備は相手の攻めを速くする結果になります。
前進守備は方向性からしてもおかしいと言えるでしょう。

攻めの手を考えてみましょう。
▲4五桂と跳ねれば歩が取れます。
おまけに銀取りです。
しかしこれはまずい手です。
▲4五桂以下の読みを展開しなくても
まずいと判断できます。
先手の攻撃形は前回も登場した端攻めの形です。
飛角桂香が全員で協力して端を目指すことで
攻めが成立します。
しかし▲4五桂と跳んでしまうと
桂一人が背いて中央に向かったことになり、
先手の作戦は破綻してしまうのです。
端攻めには一人足りなくなるので、
ならばと桂が行ってしまった中央への
方向転換を図ったとしましょう。
中央付近にいる駒といえば4八の銀ですが、
先手は端攻めの準備にあまりに手数をかけ過ぎたため、
銀はまだ2段目で燻ってしまっています。
後手の銀が棒銀になって4段目で威張っているのとは
えらい違いようですね。
そうやっておたおたしている間に、
後手は攻撃形は万端ですから
先手は一方的に攻め付けられてしまいます。
いわゆる「サンドバック状態」です。
こうなってはかないません。
それもこれも皆、
方向性に背いた▲4五桂の罪なのです。
この形では桂はなんでも2五に跳ねなければなりません。

図1で直ぐに▲2五桂と跳ねるのが良いでしょう。

但し相手との間合いというものも考える必要があります。
この場合は相手の攻撃形が調っていたので
方向転換の前にサンドバック状態になりましたが、
相手の攻撃形が未だ不十分な場合などは、
方向転換が利く場合もあります。
まさに「棋は対話なり」といったところです。

次回はできれば練習問題を用意します。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。