スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム~角換り棒銀を指そう その3~

角換り棒銀第3回です。
今回から2図で▽7四歩の変化を調べます。
【再掲2図は▲2七銀まで】
【再掲第2図】

▽7四歩 ▲2六銀 ▽1四歩 ▲1六歩 ▽7三銀 (第7図)
第7図

▽7四歩は、
銀を6四まで繰り出す(早繰り銀)狙いです。
この▽7四歩型の場合、
▲2六銀の局面で二つの応手があります。
まずは前回(▽6四歩型)でも出てきた
▽1四歩です。

▲1五歩 ▽同歩 ▲同銀 ▽同香 ▲同香 ▽1六歩 (第8図)
第8図

先手は前回同様の手順で仕掛けていきます。
銀を捨てて端を突破です。
最終手▽1六歩は、
次に▽1七歩成▲同桂▽1九角と
先手の飛車をいじめる狙いです。
飛車をじりじりいじめられては、
先手は攻めどころではありません。
棒銀を指すからには、
攻めなければ面白くないのです。
どう受けるかは次譜で。
また、最終手で前回同様▽1三歩には、
やはり前回同様の手順があります。
詳しくは補足編で説明致しますが、
簡単に言うと、
後手は▽1三歩だと受け身になります。
さて、次譜にうつる前に、
疑問を抱かれた方も
多いのではないでしょうか。
なぜ前回の▽6四歩型では
後手の端の応接が▽1三歩だけだったのかと。
▽6四歩型で▽1六歩と指して
なにか悪いのかと。
これは難しい話だと思いますが、
簡単に言ってしまうと、
終盤▲7五桂という手が厳しいようです。
すぐに悪くなる手順は、
私は知りません。
▽6四歩・▽6三銀と、▽1六歩の
いわば相性の問題でしょうか。
それともなにか
先手にうまい手順があるのでしょうか?
もし知ってる人は教えて下さい。

▲1八歩 ▽4四銀 ▲2四歩 (第9図)
第9図

▲1八歩が手堅い受けです。
▽4四銀は桂馬の逃げ道を作ってます。
後手の3三銀が動いのを見て、
先手は▲2四歩と突っかけます。
これに対する後手の対応が、
▽1九角と▽2四同歩の2つにわかれます。
次回はまず▽1九角を調べます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。