スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序盤戦術のまとめ4

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はどちらかでもバナーを押して下さい^^

パスで考える 2

次に矢倉の序盤をみていきます。
今回は先ず矢倉の主な攻撃形を紹介致しましょう。
(1)1筋を攻める形(雀刺し)
雀刺しの図

この連載で取り上げた形です。
「桂は2五に跳ねなければならない」というものでした。

(2)2筋を攻める形(棒銀)
棒銀の図

後手の対応によっては端を攻めたりもしますね。

(3)3筋から仕掛ける形(4六銀・3七桂型)
4六銀の図

この形は特に愛称はありませんが、現代矢倉の花形です。
仕掛けは▲3五歩▽同歩▲2五桂▽2四銀▲3五銀
といった感じで3筋で銀をぶつけるのが狙いとなります。
この戦型にはいずれまた登場してもらいます。

(4)4筋から仕掛ける形(4七銀・3七桂型)
4七銀の図

3番目の形は銀が歩の上に出る「歩越し銀」なのに対し、
こちらは銀が歩の下にいる「歩内銀」です。
この形は飛が3筋にいるようなバリエーションもあり、
1番目の雀刺しから組み替えるような場合もあります。
私はこの形が一番好きです。
仕掛けは何種類かあります。
①▲4五歩▽同歩▲同桂▽4四銀▲4六銀▽◯◯◯
 ▲3五歩▽同歩▲3三歩▽同桂▲同桂成▽同銀
 ▲2四歩(図1)
図1

 最後の▲2四歩が好手。
 ▽同歩なら▲3五銀▽3四歩▲2四銀ですし
 (4二に相手の角が居るなら更に▽同銀▲同角)、
 ▽同銀なら▲3五銀▽同銀▲同角として
 銀桂(場合によっては角も)を交換でき
 2~4筋の歩も綺麗に切った先手が充分です。
②▲4五歩▽同歩▲3五歩▽同歩▲4五桂▽3四銀
 ▲4六銀▽4四歩▲3三歩(図2)▽同桂▲同桂成
 ▽同金寄▲3五銀▽同銀▲同角(図3)
図2図3

 途中▲3三歩に対し▽3一金と引いて
 桂馬を取り切ろうとする人が時々いますが、
 グイっと▲3五銀と出れば後手は玉頭が受かりません。
 以下の手順については補足編で検討します。
 図3となってやはり先手は銀桂を捌きました。
③▲4五歩▽同歩▲3五歩▽同歩▲同角▽4四銀▲2六角
 ▽3五歩▲4六歩(図4)
図4

 ▲4六歩の合わせで銀の進出が狙い。
 角を▲6八に引く手もあり、
 この場合は▲3六歩と合わせることになるでしょう。

この4七銀・3七桂型は歩が沢山ぶつかり、
非常に重量感のある攻めを繰り出せます。
現代では4六銀・3七桂型が人気ですが、
4七銀・3七桂型を指しこなせる人は
相当な実力の持ち主だと思います。
お互いこの形に構える「同型矢倉」という戦型もあり、
とても面白い領域です。






アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。