スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム~居飛車急戦のススメ12~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。お願いします。

▲6九金型斜め棒銀編 4

第11回の最後に、
「次回は私の研究手を披露します」
みたいなことを言いましたが、
今日よく考えてみると
その手は全くもって成立してなかったので、
書きません(笑)
なんともはや、情けない限りです・・・。

気を取り直して第20図に戻ります。
第20図

ここから▲3四歩▽同銀▲3八飛と攻めたのが、
一つ目の手段だったわけですが、
単純すぎると言いますか、
後手としても受けやすいのです。
結論として先手不利です。
ということで、別な手段を考えます。
第20図から、指し手b
▲3四歩 ▽同銀 ▲2四歩 ▽同歩 ▲3八飛 (第27図)
第27図

2筋の突き捨てを入れるのが先手の工夫です。
もし▲2四歩の突き捨てに▽同角と
角で取った場合は、
別な機会に考えてみます。
さて、第27図以下の定跡はかなり長いので、
今回は参考手順を1つ紹介して終わります。

第27図から、参考手順1
▽2二角 ▲4五銀(途中1図)▽4三銀 ▲3二飛成 ▽同飛 ▲4四銀 ▽4三歩 ▲3三歩(途中2図)
▽2三銀 ▲4三銀成 ▽同金 ▲4一飛(途中3図)▽3二銀打 ▲同歩成 ▽同銀 (参考1図)
途中1図
途中2図
途中3図
参考1図

途中1図の▲4五銀が好手です。
▽同銀は▲3二飛成で論外ですが、
▽同歩なら▲2二角成▽同飛▲3四飛
と、飛車を捌いて先手指せます。
途中2図の▲3三歩もまた好手で、
▽同桂ならば▲2三歩、
▽同銀でも▲2三歩で先手良しです。
2筋突き捨ての効果が出ています。
▽2三銀と躱されて
大したことがないようですが、
▲4三銀成!と銀を捨ててから
▲4一飛(途中3図)が好手順なのです。
後手も▽3二銀打と必死の抵抗で受けて
参考1図となります。
先手は角がタダで取れそうですが・・・

参考1図から、
▲7一銀(途中図)▽同金 ▲同飛成 ▽同玉 ▲2二角成 (参考2図)
途中図
参考2図

参考1図から単に▲2二角成は、
▽4一銀と飛車を取り返され、
以下▲2一馬▽5二銀などと進めても
後手陣は堅固になっていくばかりです。
これは先手不利とも言えないのですが、
少なくとも大変です。
途中図の▲7一銀が手筋の一着で、
後手は金で取っても玉で取っても
飛車切って王手~角を取る
となり、先手よくなります。
駒の損得は、
先手の飛銀と後手の角金の交換ですが、
後手玉の守りの金を一枚奪えるのが、
相当大きいのです。
▲7一銀に対し▽9二玉と躱しても、
▲2二角成と角を取っておいて、
今度は先手は飛車を取られても
8二に駒を打つ寄せや、端攻めが
生じているので、
先手勝勢とまで言えます。
▲7一銀は「より良くする」手で、
非常に参考になります。

次回から本定跡を見ていきます。
スポンサーサイト
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。