スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム~居飛車急戦のススメ4~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキング参加中です。 訪問された方は、図々しいようですが、毎回ポチして下さいませんでしょうか? ご協力お願いします。

前回は、
第2図(下に再掲)から先手が▲2四歩と行くと、
悪くなるという結論を得ました。
第2図

第2図から、指し手2
▲8八角 ▽5四角 (第5図)
第5図

第2図では▲8八角が定跡の一手で、
次こそ▲2四歩を狙っていきます。
対して▽5四角も定跡の好手です。
角換り棒銀でも▽5四角という手は
出てきたのですが(覚えてますか)
狙いは似たようなものです。
もしこの▽5四角に対して、
先手が▲2四歩▽同歩▲同飛と行くと、
▽4六歩(参考1図)と突きます。
参考1図

以下▲4六同歩は、▽2七歩▲同飛▽3七歩成(参考2図)
これは先手大失敗です。
参考2図

その他変化はあるものの、参考1図では
後手が優勢になる順しかありません。
詳しい変化は割愛させて頂きます。
またダラダラ長くなるので(笑)

第5図から、
▲2六飛 ▽1二香 ▲2四歩 ▽同歩 ▲同銀 ▽同銀 ▲同飛 (第6図)
第6図

一旦▲2六飛と浮いて▽2七歩の筋を避けます。
後手も▽1二香で先手の角筋を避けます。
それから銀交換になります。
第6図の局面は、
先手は次に▲2一飛成と取れない(角が利いている)ので
この瞬間に後手が反撃します。

第6図から、
▽2八歩 ▲同飛 ▽4六歩 ▲同歩(途中図)▽3七歩成 ▲同銀 ▽2七銀 (第7図)
途中図
第7図

後手は歩を次々に捨てて反撃します。
先手は丁寧に受けに回ることになります。
しかし、決して先手不利というわけではなく、
むしろ先手良しと言われている手順なのです。
とはいえ、先手は玉が薄く、
攻め込んでいるのは後手であるので、
実戦的には先手大変というのが
現在のプロの見解だそうです。
第7図以下、▲4八飛▽3八歩などと進んで
どうかというところです。

最後に、違う形での攻防を考えてみます。
例えば後手の▽6四歩が、▽5四歩や▽1二香に
替わっていたとすれば(それぞれ参考3図、参考4図)
山田流斜め棒銀は成立するのでしょうか?
参考3図
参考4図

角交換から▲3五銀と出るところまでは
どの形でもほぼ一本道ですが、
その先が違います。
参考3図、参考4図ともに先手番ですが、
まず▲2四歩と行くのは、
前に述べた手順そのまんまで
後手が飛車を先着し、優勢になります。
そこでいずれの図でも
先手は▲8八角と打ちますが、以下、
参考3図では▽5三角、
参考4図では▽6四角と打ち返され、
先手不利です。
▽5三角は銀取りと同時に
将来的に▽2七歩▲同飛▽2六歩の
飛車先連打を狙ってますし、
▽6四角は飛車のコビンに対する
とても厳しい角打なのです。
それぞれ「空間」をよく活かした反撃ですね。
ちなみに参考3図の方で▽6四角と打つのは、
▲2六飛という、
1九の香車を見捨てる好手があり、
後手の1一の香車が
先手の角筋に入ったままですので、
後手イマイチです。
次に▲2四歩の仕掛けが厳しい。

▽6四歩型は、
この2つの角打の「空間」がないので、
山田流斜め棒銀が成立するのです。
居飛車対四間飛車の急戦将棋というのは、
振り飛車陣にある「空間」を
振り飛車がいかに反撃に活かすか、
居飛車がいかに活かさせないか、
あるいは逆用するか、
そこが大きなポイントの一つだと
私は勝手に思ってます。
そして、それを意識しながら指すことで、
棋力も上がるのではと思います。
定跡を丸呑みしても、
大した効果はありません。
よく咀嚼してから呑み込むことが
大事なのです。
・・・・・・・とかなんとか
カッコイイこと言ってみましたが、
こんなこと誰だって言えますよね(笑)
これで山田流斜め棒銀編は終了です。
次からは山田流端角作戦編です

アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。