スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム~居飛車急戦のススメ20~


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はバナーを押して下さい。

▲6九金型斜め棒銀編 13

第41図

局面は▽4六歩と叩かれたところ。
厳しい一着ですね。
こういう局面で初級の頃指してしまうのが
▲4六同銀▽5八竜▲合駒。
これはやってはいけません。
金をタダで取られた手が王手になり、
居飛車は先手先手で攻め立てられてしまいます。
どこかで手番を得なければなりません。
さて、どうするのがよいでしょう。

第41図から
▲4四馬 ▽4七歩成 ▲6八金 (第42図)
第42図

▲4四馬が急所の一着です。
次に▲5一竜(▽同金なら▲7一銀で詰み)がありますし、
自陣にも利いています。
急戦の将棋ではこの4四の角(馬)は
居飛車振り飛車どちらにとっても攻防手になりやすく
非常に重要です。
▽4七歩成に対して▲同金などは論外で、
▲6八金と竜取りに寄って手番を得ます。
対して竜を切ってしまう手もあり、
ここらへんになるともう定跡というより
完全な終盤勝負だと思われます。
本譜は竜を逃げた場合を見てみましょう。

第42図から
▽4九竜 ▲5一竜 ▽7一金打 (第43図)
第43図

手番を得た先手は狙いの▲5一竜。
▽同金と取れないのは前述の通りです。
そこで▽7一金打と頑張ります。
双方綱渡りのようなギリギリの攻防です。
急戦将棋の醍醐味とも言えます。
先手は第43図から▲7一馬と迫りたいのですが、
▽同金▲6二金▽3三角で王手竜です。
更に▲4四角!と鬼手で返しても、
▽同角が冷静で6二の金を角で取れます。
先手も竜を引き上げるよりないようです。

第43図から、指し手a
▲4一竜 ▽5八と ▲7一馬 ▽同金 ▲4九竜 ▽同と 
▲9五歩 (第44図)
第44図

▲4一竜とここに逃げるのがよく、
以下▽5八ととと金で迫ってきたら
馬を切って竜交換をし先手が優勢らしいです(笑)
第44図となっては、後手の4九の竜が
と金に取り代わってしまったのと同じことで、
先手玉に対する睨みが全く違うのに対し、
先手は美濃囲いの弱点である端を攻めています。
これで先手が悪い道理はありません。
9筋の垂れ歩+1段飛車のコンビネーションで
先手が割と楽に勝てるでしょう。

第43図から、指し手b
▲4一竜 ▽5二銀 ▲9五歩! (第45図)
第45図

▽5二銀が頑強な受けです。
先手竜が4筋から逸れれば▽5八とも利きますし、
6一の金にもヒモを付けていて鉄壁にも見えます。
ところがなんと竜取りを放置して▲9五歩が妙手です。

この後の端の攻防について次回考えていきましょう。
手元の本には▲9五歩までしか載っていないのです(笑)

スポンサーサイト

コラム~居飛車急戦のススメ19~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


ブログセンターブログランキング

以上二つのブログランキングに参加しています。慈悲深い方はバナーを押して下さい。

最早月1になってしまった急戦のススメです(笑)

▲6九金型斜め棒銀編 12

前回は、後手が▽3九飛と打ったところまででした(第39図)。
第39図

昔はこの▽3九飛に替えて
▽4六歩▲同銀▽4八飛としていたのですが
それは後手負けと結論付けられたことは
第17回までで述べた通りです。

第39図からの指し手a
▲4一飛 ▽5一金引 ▲2一飛成 ▽8八銀 (第40図)
第40図

先手はやはり▲4一飛と打ちます。
狙いは▲5二馬▽同金▲7一銀からの寄せです。
ですから後手も▽3七飛成などと
悠長なことをやっていては簡単に負けてしまいます。
終盤は駒の損得より寄せの速さです。
▽5一金引は指してみたい手で、
実際この手をかなり気にされている
居飛車党の方もいると聞きます。
飛車を追い払って▽8八銀が、
取れば6九の金をボロリ、
取らなくても▽8九銀不成(▲同玉▽7七桂の王手金取)で、
狙いの痛打に見えるからです。
しかし意外にもこれがそれほどでもないのです。

第40図からの指し手
▲8八同玉 ▽6九飛成 ▲7九銀 ▽4六歩 (第41図)
第41図

なんと▲8八同玉と取ってしまうのが正解です。
金を取られたときに▲7九銀が唯一の受け。
銀を7八に打つと竜取りになりますが、
▽7九角という激痛の一撃が残るのでよくありません。
しかし後手も最後の一歩で▽4六歩と
激痛の一打を放ってきたかに見えます。
この歩を取っても銀を逃げても
5八の金を王手で取られてしまいますし、
放っておいてもこのタタキ自体が銀取りです。
しかし先手はどちらかを選ぶしかないのです。
果たして何が正しい判断でしょうか?
皆さんの実戦だと思って次回までお考え下さい。

コラム~居飛車急戦のススメ18~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


ブログセンターブログランキング

以上二つのブログランキングに参加しています。慈悲深い方はバナーを押して下さい。

▲6九金型斜め棒銀編 11

前回第17回から実に1ヶ月ぶりです(笑)
ということでザッと前回までの内容を確認します。
急戦の基本図(第1図)まで戻りましょう。
第1図

ここから▽6四歩や▽5四歩と
後手が▽3二銀型で待機するなら
それぞれ山田流斜め棒銀、山田流端角戦法が
成立するというのが、定説です。
斜め棒銀の手順はこうです。
第1図以下、
▽4三銀 ▲4六銀 ▽5四歩 ▲3五歩 ▽3二飛 ▲3四歩
▽同銀 ▲2四歩 ▽同歩 ▲3八飛 ▽4五歩 ▲3三角成
▽同飛 ▲2二角 ▽4六歩 ▲3三角成 ▽3七歩 ▲同飛
▽3六歩 ▲3四馬 ▽3七歩成 ▲同桂 (第30図)
第30図

古い定跡は第30図以下、
▽4六歩 ▲同銀 ▽4九飛 ▲4一飛 ▽1四角 ▲2一飛成
▽5八角成 ▲同金 ▽6九銀 ▲8八玉 ▽7八金 ▲9七玉
▽5八銀成 ▲5二馬 ▽8九竜 (第33図)
と進みました。
第33図

これで後手勝ちと言われていましたが
第33図以下▲7一銀と打って詰むことが確認され
先手勝ちと結論付けられました。

そこで新定跡は第30図以下、
▽4七歩成 ▲同銀 ▽3九飛 (第39図)
第39図

ここからまた難しい戦いが
繰り広げられていくのです。

コラム~居飛車急戦のススメ17~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


ブログセンターブログランキング

以上二つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

▲6九金型斜め棒銀編 10
とうとう斜め棒銀編も10回目ですか。
このペースだといつ終わるのやら
全く見当がつきませんね(笑)

さて、前回から
第33図以下の後手玉の詰みを
紹介しています。
第33図

第33図以下は、
▲7一銀から入っていくわけですが、
対して▽9二玉、▽9三玉、▽同金は
前回述べた通りです。
今回は▲7一銀に対して
▽同玉と取る手を見ていきます。
これがなかなか難解で、
プロも暫く発見できなかったのです。

第33図から、変化b
▲7一銀 ▽同玉 ▲6一馬 ▽同銀 ▲5三角 (第36図)
第36図

第36図の▲5三角が好手で、
これでどうやっても詰んでいます。
まず(1)▽8二玉と逃げるのは、
▲7二金▽同銀(▽同玉は▲6一竜で、▽同玉は▲7二金まで、▽8二玉は▲7一角成以下。
 ▽9二玉は▲8二金打▽9三玉▲8五桂▽8四玉▲7五角成、▽9三玉は▲7一角成以下詰み)
▲7一竜(角で行くと▽9二玉▲8二金▽9三玉▲7二金▽8四玉▲7五銀▽8五玉で不詰め)
▽9二玉(▽9三玉は▲8五桂以下容易)▲8二金▽9三玉▲8五桂以下詰み。
(2)▽7二玉は▲6一竜で論外。
よって合駒をすることになりますが、
(3)▽6二角は▲同角成▽同玉▲4四角と遠くから王手し、
▽5三合の一手(▽7二玉は▲6一竜以下、▽5二玉は▲5三金までの詰み)に
▲同角成▽同玉に▲5一竜と回ります(A図)。
A図

ここまでくれば簡単で、
以下▽6四玉は▲7五金まで、
▽5二合(何を打ってもその後の手順には影響しません)は▲4五桂以下、
▽4三玉は▲3五桂以下、▽4四玉は▲4二竜以下、
いずれも並べ詰め(捨て駒等がなく、ベタベタ打っていけば詰むこと)です。
A図に至るまでの▽5三合で、
図では桂馬を打ったことになってますが、
何を打っても▲同角成と切ってしまって関係ありません。
何故なら、▲5一竜と回った後は、
元々持っていた「金二桂」だけで詰むからです。
同じ理屈で、
第36図から(4)▽6二金も
▲同角成▽同玉▲5三金、
(5)▽6二銀も
▲同角成▽同玉▲5三銀と、
角を切って、取ったばかりの駒を捨てれば
手数は掛かっても簡単に詰みます。
問題は36図で(6)▽6二桂の合駒で、
やはり▲同角成と切るよりありませんが、
ここで▽同玉と▽8二玉があります。
▽同玉にはやはり▲5三金▽同玉▲5一竜(第37図)
と追っていくのですが、
注目すべきは▲5三金で、
この金は元々の持ち駒から捻出されています。
これが桂合の効果です。
第37図

第37図から▽6四玉は▲7五金まで、
▽4四玉は▲4二竜▽3四玉▲3三金まで、
▽4三玉は▲3五桂▽3四玉▲3一竜▽3三合▲4五金、
または▲3五桂▽3三玉▲2三金▽3四玉▲3一竜など、
▽5二合は▲4五桂▽4四玉▲4二竜▽3四玉▲3三竜▽2五玉
▲1六金▽1四玉▲2六桂(第38図)
で詰みとなります。
ここに挙げなかった変化でも詰むことを
ご確認下さい。
第38図

玉が1筋まで来て
壮大な詰みです。

最後に、第36図から▽6二桂▲同角成に▽8二玉の変化。
これも桂合ならではの手で、
▽8二玉のときに先手にもう一枚
角、金、銀のどれかがあれば
▲7一角、▲7二金、▲7一銀などで
簡単に詰みます。
本譜で▲7二金と打つのは
▽9二玉で詰みません。
▽8二玉に対しては、
▲7四桂▽同歩▲7二金▽9二玉▲8二金打▽9三玉▲8五桂
までで詰みです。
▲7四桂が馬筋を通す妙手でした。

文章を挟みながらだったので
わかりにくかったかもしれません。
なので最後に
最も長い手順を載せておきます。
第33図

第33図から、
▲7一銀 ▽同玉 ▲6一馬 ▽同銀 ▲5三角 ▽6二桂 ▲同角成
▽同玉 ▲5三金 ▽同玉 ▲5一竜 ▽5二銀打 ▲4五桂 ▽4四玉
▲4二竜 ▽3四玉 ▲3三竜 ▽2五玉 ▲1六金 ▽1四玉 ▲2六桂
(第38図) まで21手詰め
第38図

次回からは新定跡です。

コラム~居飛車急戦のススメ16~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


ブログセンターブログランキング

以上二つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

▲6九金型斜め棒銀編 9
長らくお待たせ致しました。
ということで、まずは
前回の粗筋といきましょう。
第30図

第30図はお互い捌き合ったところです。
ここから、
▽4七歩成 ▲同銀 ▽4六歩(古い定跡)▲同銀 ▽4九飛 ▲4一飛 ▽1四角 ▲2一飛成
▽5八角成 ▲同金 ▽6九銀 ▲8八玉 ▽7八金 ▲9七玉 ▽5八銀成 ▲5二馬 ▽8九竜
と進んで第33図。
第33図

昔はこれは後手勝ちと言われていたのですが、
実は第33図から後手玉が詰むということでした。

第33図から、変化a
▲7一銀 ▽同金 ▲同竜 ▽同玉 ▲6二金 ▽8二玉 (第34図)
第34図

▲7一銀は、有効な王手は
これぐらいしかないところです。
対して▽9二玉は▲8二金▽9三玉▲7五角▽8四合▲8五桂、
▽9三玉は▲8二角▽9二玉▲9一角成▽9三玉▲8二馬▽8四玉▲7五金で
いずれもしっかり詰んでいます。
▽7一同玉が一番手数が長いのですが、
それは次回に回します(笑)
本譜▽7一同金▲同竜と清算してから
▲6二金と打ってどうやらこれは
詰んでいる雰囲気が濃厚です。

第34図から
▲7二金 ▽同玉 ▲8四桂 ▽同歩 ▲6一角 ▽8二玉 ▲8三金 ▽7一玉 ▲7二角成 (第35図)
第35図

第34図では▲7一角としたくなりますが、
以下▽9二玉▲8二金▽9三玉▲7二金▽8四玉▲7五銀▽8五玉で
スルスル逃げられてしまいます。
▲7二金と取ってしまうのがよく、
以下▽9二玉は▲8二金打▽9三玉▲7五角▽8四合▲8五桂、
▽9三玉は▲7一角▽8四玉▲7五金で詰みです。
金を残しておけば上に来られても大丈夫ですね。
よって、▽7二同玉となりますが、
続いて▲8四桂が必修の手筋です。
単に▲6一角だと詰まないことをご確認下さい。

アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。