スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音楽」から考え直す


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。何卒お願いします。

近頃、「嵐」とか「AKB」とかいう言葉をよく耳にします。
こういうのって、タレント・アイドル系歌手グループと
理解しても良いものなのでしょうか?
常に時代遅れな私はよくわかりません(笑)
でも車内広告で「神曲(かみきょく、と読むらしい)たち」云々とか言ってるのだから
きっとそうに違いないと思ってます。
これらは特に若年層に人気なようで、
彼らにとって「音楽」とは、こういうものを指すのかもしれません。
「音楽」といえば、芸術科目の一つとして
学校でお勉強することになってますが、
では果たして、「AKB」とやらが「芸術」だと思えますか?
私にとって「芸術」としての「音楽」とは、
バッハ、ベートーベンなどの、
いわゆるクラシック音楽といわれるものです。
それが私の専門分野だからということもあるでしょうが、
バッハを芸術家と言う人は多くても、
AKBを芸術家集団という人たちはいますまい。
もしかしたら私が知らないだけだったりして(笑)
自分で書いていてだんだん訳が分からなくなってきましたが、
結論として私は今流行の音楽を批判し、
クラシック音楽を推奨したいのです。

クラシックが敬遠された理由は、ハッキリあります。
それは「難解だから」です。
クラシックには「和声学」というものがあり、
これは簡単に言ってしまいますと
作曲をする上での原則事項です。
時代によって多少変わってくるのですが、
ともかくこの「和声学」によって、
音楽は秩序立てられ、統一感を持たされるのです。
が、息苦しいきらいもあるのかもしれません。
一方、最近流行の音楽に、規則も何もありません。
定型のコード進行はあるのでしょうが、
それを使って量産している面もあります。
和音についても、詳しい解説は省きますが、
クラシックでは和音同士を相対的に関連づけるのに対して、
流行のものは「C」や「Gm7」などと、あくまで絶対的に考えます。
「コード進行」は、クラシックの和音進行を
絶対的なコードの連なりに変換しただけでしょう。
絶対的に考えるとどうしても複雑なハーモニーは生まれにくく、
そうすると、聞く側にはあまり負担がかかりません。
やはり難解な和音進行を聞くとそれなりに疲れるのです。
しかし、これは逆にいえば奥が浅いということで、
当然のごとく感動も薄くなります。
聞きやすいものを、聞きやすいものをと
やすきに流れるのは人間の常とも言えるでしょうが、
ハッキリいって「安い」音楽の与える感動は、
クラシックの名曲の与える深い感動に遠く及ばないのです。

もしかすると、生まれてこのかた
一度もクラシックを聞いたことがない、なんていう人も
若年層にはいっぱいいるのかもしれません。
最近なにかにつけて若年層は批判されますが、
深い感動を味わったことがない、というのも
彼らの人格の形成に影響していると思います。
別にネット社会だけが悪いわけでもないでしょう。
音楽を例に取り上げましたが、
さまざまな分野で感動が薄くなっていることも充分害だと思います。
一度しっかりと考え直すべきです。

いきなり音楽の話でビックリされた方もいらっしゃると思いますが、
まあたまには(いつものような気もしますが)エラそうに
語ってみたかったわけです(笑)
これからもたまに音楽の話が出るかもしれませんので、
予めご了承下さい。。。
スポンサーサイト

開戦の端角、決め手の端角


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


FC2ブログランキング


ブログセンターブログランキング

以上三つのブログランキングに参加しています。訪問された方は、お手数ですが、是非上の画像の全てををポチッと押して下さい。お願いします。

更新が遅くなってしまいました。
今日は一昨日放送された
第18期銀河戦の決勝戦について
書いてみようと思います。

決勝戦は▲丸山九段―▽佐藤(康)九段。
今回決勝トーナメントで
私が応援していたのは
深浦王位(当時はまだ王位でした)、中田(功)七段、
そして佐藤九段でした。
深浦王位は一回戦で
新鋭中村四段の趣向策に倒され、
中田七段は二回戦で
羽生名人に短手数で粉砕されてしまい、
ファンとして悔しい限りでしたが、
佐藤九段はさすがという感じで、
決勝まで残って下さいました。
決勝戦の対局は、
後手になった佐藤九段が
一手損角換りを採用し、
最新型へと進みました。
そこで迎えた第1図。
第1図

今佐藤九段が▽1五角と
持ち駒の角を打ったところです。
この端角は、次に
▽3七銀とぶち込む狙いですが、
先手の丸山九段も▲1六歩と
強気に応戦して、
本格的な激戦が幕を開けました。

それから40手進んで第2図。
第2図

今佐藤九段が▽9五角と
王手したところです。
直前に竜と角を交換し、
手にしたその角を打ったものです。
この王手が激痛でした。
以下▲8六歩としても
▽同歩でヒドくなるだけですし、
▲8六桂などと打ってみても
やはり▽同歩で後手勝勢です。
実戦はこの▽9五角を見て、
先手の丸山九段の投了となりました。

これで佐藤九段の優勝となり、
当然私も喜びました。
丸山九段が投了されたとき、
テレビの前で小躍りしてしまったほどです(笑)
激戦を呼んだ端角、
止めとなった端角、
二回の端角が印象的な一局でした。
是非佐藤九段には
連覇して頂きたいです。
来期も頑張って下さい!

初級者から上級者までオススメの本!

ブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村のランキングに参加しています。訪問された方は、是非上の画像をポチッと押して下さい。
お願い申し上げます。

たまには棋書の紹介などしてみるエイリアスです。
今回紹介するのはこちら↓
囲いの崩し方


タイトルの通り、色々なな囲いの崩し方の手筋が載ってます。
実戦で現れやすい様々なパターンが解説されていて、
初級者の方には非常にお勧め致します。
また、上級者の方でも、
解説文を隠して練習問題として使ってみると、
これもなかなか役に立つでしょう。
もしかしたら知らなかった手筋、忘れていた手筋が
あるかもしれません。
私も、さすがに自分が初級者とは思いませんが、
結構知らない手筋があって、まだまだだな~と思いました(笑)
こんな素晴らしい本ですが、値段はなんと1050円!
野口君一枚で買えるとは・・・・・・驚きです。
さて、どこで記事を終わらせるか段々わからなくなってきたので
以前出題致しました3問の詰め将棋と1問の次の一手の解答を
書いて終わりにします。

問題図

▲7二銀不成 ▽9一玉 ▲9二歩 ▽同玉 ▲8四桂 ▽9一玉 ▲8一銀成 ▽同玉 ▲7一馬
▽9一玉 ▲9二香(詰め上がり図)迄11手詰め
詰め上がり図
常に王手はほぼ一通りしかなく、易しいです。


第1問

▲1四飛 ▽同玉 ▲3二角 ▽2三合駒 ▲2五金(詰め上がり図)迄5手詰め
詰め上がり図
さすがに変化は解説致しません・・・。


第2問

▲6一金 ▽同玉 ▲7三桂 ▽5一玉 ▲6一金 ▽同金 ▲同桂成 ▽同玉 ▲6二金
(詰め上がり図)迄9手詰め
詰め上がり図
初手と3手目さえ見えれば、後は一直線です。


問題図

▲7一銀 ▽同金 ▲同成香 ▽同玉 ▲6三角成 ▽7二銀 ▲8四角(結果図)
結果図
あくまでも私が実戦で指した手順でして、
本当に最善だったかは知りません。
▲7一銀に対して▽7二玉と逃げるのは、
▲8二成香から清算して▲6三角成で寄り形です。
また、結果図以下▽8四同銀と取れば
▲6二金以下詰みです。
実戦は結果図以下▽6三銀▲7三角成と進み
先手が勝ちました。

私の好きな名言

将棋にはいくつか名言がありますが、
中でも私が好きなのが、故原田泰夫九段の
「棋は対話なり」です。
低級の振り飛車党の方で、
「気がついたら居飛穴に潜られてた」
という方がときどきいますが
(私の友人にもそういうのがいます)
それは「対話」をしないで
自陣ばかり見ているからでしょう。
まあ私もエラそうに言えたものではないのですがw
手筋や定跡を覚えるのも、
もちろん実力アップの方法です。
しかし、格言・名言から学ぶことも
多いのではないかと、私は思います。
角換り棒銀の連載で、
冗談で「きっとこんな対話が交わされている」
などと言って妄想を書いたことがありましたが、
真面目に、「対話」の文章を
考えてみるのも良いかも知れません。
実力が伸び悩んでいる方、
私の言うことは
非常に信憑性が低いでしょうがw
よければ参考にしてみては
いかがでしょうか?
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。