スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序盤戦術のまとめ4

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はどちらかでもバナーを押して下さい^^

パスで考える 2

次に矢倉の序盤をみていきます。
今回は先ず矢倉の主な攻撃形を紹介致しましょう。
(1)1筋を攻める形(雀刺し)
雀刺しの図

この連載で取り上げた形です。
「桂は2五に跳ねなければならない」というものでした。

(2)2筋を攻める形(棒銀)
棒銀の図

後手の対応によっては端を攻めたりもしますね。

(3)3筋から仕掛ける形(4六銀・3七桂型)
4六銀の図

この形は特に愛称はありませんが、現代矢倉の花形です。
仕掛けは▲3五歩▽同歩▲2五桂▽2四銀▲3五銀
といった感じで3筋で銀をぶつけるのが狙いとなります。
この戦型にはいずれまた登場してもらいます。

(4)4筋から仕掛ける形(4七銀・3七桂型)
4七銀の図

3番目の形は銀が歩の上に出る「歩越し銀」なのに対し、
こちらは銀が歩の下にいる「歩内銀」です。
この形は飛が3筋にいるようなバリエーションもあり、
1番目の雀刺しから組み替えるような場合もあります。
私はこの形が一番好きです。
仕掛けは何種類かあります。
①▲4五歩▽同歩▲同桂▽4四銀▲4六銀▽◯◯◯
 ▲3五歩▽同歩▲3三歩▽同桂▲同桂成▽同銀
 ▲2四歩(図1)
図1

 最後の▲2四歩が好手。
 ▽同歩なら▲3五銀▽3四歩▲2四銀ですし
 (4二に相手の角が居るなら更に▽同銀▲同角)、
 ▽同銀なら▲3五銀▽同銀▲同角として
 銀桂(場合によっては角も)を交換でき
 2~4筋の歩も綺麗に切った先手が充分です。
②▲4五歩▽同歩▲3五歩▽同歩▲4五桂▽3四銀
 ▲4六銀▽4四歩▲3三歩(図2)▽同桂▲同桂成
 ▽同金寄▲3五銀▽同銀▲同角(図3)
図2図3

 途中▲3三歩に対し▽3一金と引いて
 桂馬を取り切ろうとする人が時々いますが、
 グイっと▲3五銀と出れば後手は玉頭が受かりません。
 以下の手順については補足編で検討します。
 図3となってやはり先手は銀桂を捌きました。
③▲4五歩▽同歩▲3五歩▽同歩▲同角▽4四銀▲2六角
 ▽3五歩▲4六歩(図4)
図4

 ▲4六歩の合わせで銀の進出が狙い。
 角を▲6八に引く手もあり、
 この場合は▲3六歩と合わせることになるでしょう。

この4七銀・3七桂型は歩が沢山ぶつかり、
非常に重量感のある攻めを繰り出せます。
現代では4六銀・3七桂型が人気ですが、
4七銀・3七桂型を指しこなせる人は
相当な実力の持ち主だと思います。
お互いこの形に構える「同型矢倉」という戦型もあり、
とても面白い領域です。






スポンサーサイト

序盤戦術のまとめ3

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はどちらかでもバナーを押して下さい^^

できれば練習問題を、と書きましたが、
できなかったのでなしと致します(笑)
良いのが見つかったらその時に掲載します。

パスで考える 1

方向性はあれでひとまず置いておくとして、
今回からのテーマでは
角交換振り飛車、相矢倉などの定跡の手の意味を
少々回りくどい方法で考えます。

トップバッターはこれ(便宜上先後逆で解説)。
初手から
▽3四歩 ▲7六歩 ▽3五歩 (図1)
図1

そう、早石田ですね。
イシをイネに変えると、
多くのプロ棋士が卒業した大学です。
それはともかく、後手は次に
▽3二飛と回ってくる狙いがあります。
「角道を開けられたまま飛車を回られると
 色々変な急戦を食らっていやだ」
という先手の人は、どう指せば良いのでしょうか。
考えてもよくわからない場合、
「取り敢えずパスをして▽3二飛と回らせ、
 後で2手指しをしよう」
と考えてみましょう。
つまり初手から
▽3四歩 ▲7六歩 ▽3五歩 (▲パス) ▽3二飛 (図2)
となります。
図2

この局面をよく見ると、次のような手順があります。
図2から、
▲2二角成 ▽同銀 ▲6五角 (図3)
図3

歩の両取りで、どちらを取っても角が馬に昇格します。
うまいようですが、返し技もあります。
図3から、
▽3四角 (図4)
図4

この角が4三の地点を守りつつ6七への成りを見せています。
図4以下▲8三角成▽6七角成と角を成り合うと、
先手の8三の馬は次に何も取れないのに対し、
後手の6七の馬は桂と歩の両取りです。
こうなっては先手が損をします。
ということで、図4の局面こそが
先ほどパスをした分の2手指しの使いどころです。
図4から
▲6八玉 ▲8三角成 (図5)
図5

一旦▲6八玉で6七の地点を守り、
それから▲8三角成と
自分だけ歩を取り、馬を作ります。
これにて先手良しといえます。
初手から続けて手順を見てみましょう。
▽3四歩 ▲7六歩 ▽3五歩 ▽3二飛 ▲2二角成 ▽同銀
▲6五角 ▽3四角 ▲6八玉 ▲8三角成 (図5)
しかし実際はパスも2手指しもできません。
そこでパスをしたところで▲6八玉と指しておけば
良いということになります。
すなわち初手から、
▽3四歩 ▲7六歩 ▽3五歩 ▲6八玉(図6)▽3二飛 ▲2二角成
▽同銀 ▲6五角 ▽3四角 ▲8三角成 (図5)
図6

まとめれば、
早石田に対しては4手目に▲6八玉(実際は▽4二玉)と上がれば
相手の角道を開けたまま飛車回りを不成立にできます。

次回も同様にして序盤定跡を考える予定です。






序盤戦術のまとめ2

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はバナーを押して下さい。

駒の方向性を考える 2

前回は端攻め講座になりましたが、
ポイントをまとめましょう。
飛、角、桂、香の4枚が端を目指して
ようやく攻めの成功となりましたね。
この「目指す」というのを言い換えると
「方向性」になりそうです。
攻め駒/守り駒といった「目的」も
「方向性」と言えるでしょう。

それでは下の図1を見て下さい。
図1

先手の番だとします。
受けようとするのならば
6五の歩を守って▲6六銀などといった手が見えますが、
これが受けになっているかどうかは考えものです。
というのも7七の銀は守り駒で、
玉の近くにいるのが望ましいものです。
▲6六銀という手は銀が玉から離れ、
そればかりか相手の攻撃陣に近づいています。
前進守備のようなものですが、危険です。
具体的には後手に▽7五歩と突かれれば
銀交換に持ち込まれてしまいそうです。
ただでさえ相手は
相手の攻め駒とこちらの守り駒を交換したいというのに、
前進守備は相手の攻めを速くする結果になります。
前進守備は方向性からしてもおかしいと言えるでしょう。

攻めの手を考えてみましょう。
▲4五桂と跳ねれば歩が取れます。
おまけに銀取りです。
しかしこれはまずい手です。
▲4五桂以下の読みを展開しなくても
まずいと判断できます。
先手の攻撃形は前回も登場した端攻めの形です。
飛角桂香が全員で協力して端を目指すことで
攻めが成立します。
しかし▲4五桂と跳んでしまうと
桂一人が背いて中央に向かったことになり、
先手の作戦は破綻してしまうのです。
端攻めには一人足りなくなるので、
ならばと桂が行ってしまった中央への
方向転換を図ったとしましょう。
中央付近にいる駒といえば4八の銀ですが、
先手は端攻めの準備にあまりに手数をかけ過ぎたため、
銀はまだ2段目で燻ってしまっています。
後手の銀が棒銀になって4段目で威張っているのとは
えらい違いようですね。
そうやっておたおたしている間に、
後手は攻撃形は万端ですから
先手は一方的に攻め付けられてしまいます。
いわゆる「サンドバック状態」です。
こうなってはかないません。
それもこれも皆、
方向性に背いた▲4五桂の罪なのです。
この形では桂はなんでも2五に跳ねなければなりません。

図1で直ぐに▲2五桂と跳ねるのが良いでしょう。

但し相手との間合いというものも考える必要があります。
この場合は相手の攻撃形が調っていたので
方向転換の前にサンドバック状態になりましたが、
相手の攻撃形が未だ不十分な場合などは、
方向転換が利く場合もあります。
まさに「棋は対話なり」といったところです。

次回はできれば練習問題を用意します。




序盤戦術のまとめ1

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています。慈悲深い方はバナーを押して下さい。

新連載ということで。
序盤戦のポイントを私なりにまとめてみます。

駒の方向性を考える 1

これを最初のテーマと致します。
駒には役割・方向性といったものがあります。
役割と言えば「攻め駒」「守り駒」が代表的でしょう。
矢倉を題材に詳しい解説をします(図1)。
図1

図1で攻め駒は1七香、1八飛、3七桂、4八銀、6八角。
守り駒は9九香、8九桂、7八金、7七銀、6七金ですね。
また先手の攻撃形は明らかに1筋を狙っています。
つまり先手の「方針」は「端攻め」です。
では、具体的にどの駒で端を攻めるのでしょうか?
香と飛は自明です。
角も斜めにスーッと1三に利いています。
銀を使うのは少し難しそうです。
最後に桂はどうでしょうか。
2五桂と端方面に跳ねる手と、
4五桂と中央方面に跳ねる手があります。
後手も矢倉に囲っているものとして考えましょう(図2)。
図2

ここで少しだけ具体的な読みを入れます。
▲1四歩と仕掛けると、▽同歩▲同香▽同香▲同飛▽1一香(図3)。
図3

飛が詰んでいます。
但し助ける手段がないわけではありません。
図3から▲1三歩▽同香▲同角成!▽同桂(図4)
図4

しかし飛は助かったものの、
後続の攻めも難しい状態です。
やはり桂の参加も必要です。
とはいっても単純にやると・・・
図2から▲2五桂▽2四銀▲1四歩▽同歩▲同香
▽同香▲同飛▽1一香(図5)▲1三歩▽同桂!(図6)。
図5図6

図6は飛取りが消えていますが、
次に▽8五桂と跳んだ手が再び飛取りになり、
やはり先手悪いでしょう。
ちなみにこの手順は本当は嘘で、
▲1四歩▽同歩▲同香のときに
▽1二歩と受けるのが最善なのですが、
比較のためこの手順にしました。

桂の参加といっても単純ではいけないようです。
正解の攻めはこうです。
図2から▲2五桂▽2四銀▲1三桂成!▽同銀▲1四歩(図7)
▽同銀!▲同香▽同香▲同飛▽1一香(図8)。
図7図8

跳ねた桂を直ぐに▲1三桂成と捨ててしまうのが好手です。
▽同銀以外は▲1四歩と突いて良しです。
▲1四歩の突き出しに▽同銀が後手の好手。
▽2四銀と躱しては▲2五歩と突かれて困ります。
図8となってまたしても飛逮捕。
なかなか前科の多い飛ですね(笑)。
しかしここもやはり例の筋で対応します。
図8から▲1三歩▽同香▲同角成▽同桂(図9)。
図9図4

図9の右には桂不参加型の結果図である図4を
再掲してあります。
二つを比較してみると、
図4の後手の3三銀と先手の3七桂が
図9では交換になっていることに気付きます。
後手の守りを銀一枚薄くできたのです。
その効果は図9から次の一手で早速現れます。
図9から▲3五歩(図10)。
図10

▽同歩は▲3四香が強烈です。
放っておいても▲3四歩と取り込んで
いつでも3三にラッシュできる形です。
もし図4から▲3五歩と突いても
平然と取られてしまうでしょう。

さて、すっかり端攻め講座になってしまいましたが、
本題は次回に回します(笑)






↑設定の仕方がよくわからず選択肢が不規則ですが、
☆が多い方が高評価ということで・・・・・・。
アンケート
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 にほんブログ村のランキングに参加してます。 訪問された方は、ぜひ毎回ポチして下さい。 ご協力お願い致します。
ブロとも一覧

将棋ってむずかしい

せんな理論

☆りんご将棋☆

やっさんの将棋ブログ

すわの将棋倶楽部24で有段を目指すブログ(目標達成済み)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Alias Santa-Fanta

Author:Alias Santa-Fanta
株式会社営利明日(えいりあす)へようこそ!
ここは24二段(1781)の-Alias-のきまぐれなブログです。
気楽にコメなどどうぞ!
ただし、荒らしはなしにしてくださいね^^
また、続き物をまとめて読まれる方は、ページ右上の「カテゴリ」からお読み頂くと、わかりやすいと思います。

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。